グローバル・ラノベと政治同人誌だよ。

人に見られたくない話はninjaid2000@gmail.com

ミノス・ジェライス(注釈)

 

デスマーチに疲れたエンジニアを南米に突撃させてみたり、内容は嘘だらけです。

南米情報が不足しているので、よう分かりません。

 

マネー、札、金塊、お金です。

金融は、一発、これをやれば儲かるっていう世界じゃない。

そういう詐欺が流行り過ぎると、

資本主義やめようとかいう、負け犬爺が積み上がって、日本は焼け野原になってしまう。そういう危機感から、扱ってみました。

 

 

以下、こういう人に活用して欲しい!という、宣伝コーナーです。

検索ワードリストを載せておきます(実名の企業を上げるのか?)。

金と札束の市場動向に、

海外に、専門技術を持つ日本人が入り込めるニッチがあるのか、というテーマを絡めました。

近隣の中国や、アラブは石油の生命線があるので、企業進出が多いみたいですが、南米はマイナーです。

 

>再就職をあっせんした層について。

 

1、日本のIT市場はよほど画期的な発明でもしないかぎり、右肩下がりです。

元々、日本のエンジニアの待遇は悪いそうで、海外やシリコンバレーを目指そうという記事を目にします。

そして日本の官製プロジェクトはクソだと。キャリアが積めないクソ職場と化していると。

それで、南米に進出するという適当な設定にしました。

 

1、自衛隊や警察を止めた人(用心棒)。

南米進出の難点は犯罪率の高さです。日本人ビジネスマンは金づるで良いカモです。

南米人はボルし、日本人客と言葉が通じない。

だが逆に、トラブルに遭遇したときに、現地語が通じないのはキツイんで没かもしれません。

護身に必要な、簡単な英語やポルトガル語をやり、再就職とか。

 

 

1、賑やかしに入れた女子3人組、ストーリーに華を出すためにやりました。

が、オッサン女子だらけで客受けが不明です。

男は金についてくる、そんな、オッサン女子大好きな人は読んで!