グローバル・ラノベと政治同人誌だよ。

ご用件ははninjaid2000@gmail.com規約はGmaiにl準じます

日本の終わりとハードボイルド・ワンダーランド14

 

クリアファイルに色あせた写真が見えた。

マイダネク強制収容前の写真が挟まっている。そこにイエレンの祖先が混じっている。

そういうのっていかにもだから、容易に他の人には見せないけれど、

相手が同じユダヤ人なら、あまり不審がられない。

彼女の母方のルーツが東欧で、かつてホロコーストで身内を亡くしたことがあることを示す、ただの写真に過ぎない。

 


ドウモ~~~ッ!!ハジメマシテ~~~ッ☆☆(*⌒ヮ⌒*)
私は日本国政府~~~っ♪(#⌒〇⌒#)キャハ
うーんとー、私、新兵がすっごくすっごく欲しくってー、\(⌒∇⌒)/

 

イエレンは、日本が破たんする前に、出回っていたチェーンメールスマホの画面に出した。

友達に送ってもらったコピペだ。

下放というか、農村への徴用を揶揄する文言だけど、

30年前に、流行したときは、そんな気配がなかったから、

飲み会とか、募集広告とか、合コンとか、あらゆるシーンで使われた。

企業広告なら、それが国のバックアップのあるカタい事業で、新人を募集しているということ。

合コンのお知らせだったら、公務員が来るの。公務員は収入がよく、女の子たちに、とても人気があった。

ジョークだから、行ってみたら、土木作業員が顔を揃えていた、なんていうこともあった。

人々はそういう偶然の出会いを楽しんで、都市を謳歌していた。

だから本当に人々が下放されるとは、当時の人たちは予測していなかった。

それから、このジョークは、政府の狂った政策を揶揄するスローガンに代わってった。

それが、イエレンがウィキペディアなんかで分かる、このチェーンメールの歴史だった。

イエレンは以前、
ドウモ~~~ッ!!ハジメマシテ~~~ッ☆☆(*⌒ヮ⌒*)
私はナチスドイツ政府~~~っ♪(#⌒〇⌒#)キャハ
うーんとー、私、ユダヤ人の囚人がすっごくすっごく欲しくってー、\(⌒∇⌒)/

と改変してユダヤ人の友達に送ってみたが、あまりウケなかった。

イエレンは美人だがユーモアのセンスがないと言われるのがコンプレックスだ。

 

 


30年前から興り始めた、低利子の金融は、

当時、世界に喧伝されたモデルとしては、女性を5人一組にして資金を融資する。

当初は、戦争で世帯主を失ったり、夫の暴力や借金に悩んで家を出て、行き場の無い女性が多かった。

地球上の多くの場所でそういうことがあった。

彼女たちは互いに励まし合い、事業を持続的に成功へ導く。

ノーベル賞を受賞したムハマド・ユヌスグラミン銀行を嚆矢としていた。

そうした女村は、しだいに、女性が自活するために利用され始めた。

シングルマザーやレズビアンのカップル、もしくは単独に女性が参加する、などの広がりを見せた。

息苦しい封建社会から逃げてきた人たち。彼女たちには痩せた土地しか与えられない。

そこへ砂漠の開拓で培った、イスラエルの灌漑技術や、山賊やゲリラに対応する為の、傭兵を入れた。

もちろんイスラエル以外の企業もある。技術余りの先進国は多い。

彼らは、有償、もしくは、地球上での、安全保障上の利益を狙って、無償で、そうしたものを提供した。