グローバル・ラノベと政治同人誌だよ。

人に見られたくない話はninjaid2000@gmail.com

The Apprentice21 13

 


「10000階建てのビル?やりたければ、やれば。家賃いくらくらいなの」
「最上階が100万くらいで、地上階が10万くらいですか」

「今不動産はダブついているから、仮に売れないとします。

失業者に補助金を配ってプレハブに収容させてる公共事業ありますよ。そういう人を収容して、つまり、公営住宅ですか」

公営住宅に、10000階は、高コスト過ぎるんでないの。
プレハブに比べると、技術けっこう使うでしょう。
その分、土地の値段を節約するにしたって、割に合うかどうか」

「団地は広がって、貧困地区とか嫌われるじゃないですか。スラム住人は、なるべく狭いところに押し込めたい」
「ひどい」

「僻地に持っていっても、通勤に金かかるから実現しないですし。僻地には僻地の利権があるし」

「アメリカの貧困層が、団地、嫌いだってデータありますよ。

階段や廊下が、売春や麻薬取引の巣窟になって、住宅スペースとして成り立たないケースが多いそうです。

狭かったり閉塞感があるのが苦手なんでしょうか。

集合住宅で犯罪率が高いみたいなデータって、無いと思いますけど」

「それでサブプライムローンとか、一戸建てブームをやってたのか。貧乏人が、一戸建てを借金で買う。随分豪勢だと思っていたが、やはり駄目だったか」
「それって、町全体が売春や麻薬取引の巣窟になるのと、大して変わらないと思うんですけど」
「そうか。マンションは狭いからストレスが溜まるとか、アフリカの青空が恋しい」

「コレが、そうなると決まったわけじゃないですけど。10000階建てのビルなら、眺望は最高で、ステータスだし、高所得者層を狙えます」

「そこまで住人多いと、プレミア感が薄れて駄目じゃないですか。薄利多売って感じですよ。巨大な団地っていうか」
「デカいビルだからこそのステータスっていうのもあるよ。何とかヒルズとか。ヒルズだよ。丘だよ。丘はデカい。チンケなマンションじゃないんだよ」

「土地の価格とか需要人口の予測とかやりたいんですけど、そういうの誰が知ってるんですか」

 

 

 

ベンヤミンがミリアムのベットでゴロゴロしていたので、日本から帰ってきたミリアムはまた「何なのよ」という顔をした。

「ユリコが、地上げや土建屋の仕切りにヨダレを垂らす山猿が多いと、ため息ついてた。

私は真面目な法律家だから、どうなってるのかサッパリよ。これ、ジョークじゃないのよ。

あなたは胡散臭くて、私は真面目。

世界、汚職ランキングなんてのが発表されてるけど、あれはどこからどこまでを、汚職と定義しているの。単純な選挙不正や、賄賂なの」

「それは、逆じゃないのか。私は単細胞で、ミリアムがインテリ臭いんだよ。

私は警察上がりで、珍しく社交的なタチだから、人と人とを仲介することが多いけど、私は何にも関与していない。

黒い噂が立つことも無いし、人と会うことに支障がない」

「そういえば、あなたのところに、日本の警察が、テロ予告を受けて、相談しに来たそうだけど。そういうとき、ユリコの言う山猿なるものは、どう動くの」

「オリンピック利権は、政府がケツモチだから、ただ山猿の中で金がグルグル回ってお終いじゃないか。

私はユリコさんの言う山猿というのが、どういうものなのか知らないし、私だって山猿の1匹かもしれないが。

ユダヤ人は、彼らより優れた金融技術を持っているし、経営技術を持っている、これは確かだよ。

それは、ユダヤ人の努力の血と汗の結晶だ。日本人が誇る、技術特許と同じだ。

だから顧客の金がユダヤ金融に流れた、それでハゲタカとか文句を言われるけど、今回は、あんまり関係がなさそうだ。

ただ、アメリカ人だって日本車を叩き壊して集票したりするから、そういう拒絶反応には普遍性があるよ」

イスラエルの人々は、必死でキブツを開拓し、いつも勤勉な労働者たろうとしているし、だからグーグルもアップルも、工場を置く。

労働力の安さで売ってるのじゃない、技術で売っている稀な例よ。

ユダヤ人は、あらゆるジャンルで、それをやっているだけ。音楽とかスポーツは、あんまり得意じゃないけど。

イスラエルがオリンピックでメダルをいくつとるかなんて、一体全体、興味を持ってる人がいるかしら」

「しかし、テロの予告には不穏な気持ちがするよ。私たちはよく、良くない噂を立てられる。

インサイダー情報で儲けている人は、世の中にどのくらいいるのかね。

どこかの情報屋が、政変やテロ情報で稼ぎ、その株の取引情報を握っている当局が、それをシカトする。

そういうことは、存在すると思うか。この格差社会は、何故発生した。

そういうことは、順法精神と、制度がザルな、新興国なら、あり得るかね」

「ほとんどの人は、株の仕組み自体知らないわよ。

株やってる人だって、10人が損をして、1人が儲ける、そんな感じだから、富が偏在するんじゃない」

「単純に頭の出来の差で、インサイダー情報のせいじゃない、と。

だけど、証券会社が10人中1人しか儲けさせなかったら、客が引いて飛んでしまうし、10損1得ってことはないんじゃないか」

「だけど、株が無ければ、何もできないし。社会貢献も何も。

株がなかったら、公共投資は、全て年貢として民衆から収奪して行って、偉そうな役人が好き勝手に使うようになるよ。

道路でもビルでも、何でも良いけど、競争がなくて堕落してるから、作り方なんかも、全く進歩しない。いつまでも貧しいまま。

それか、ソ連みたいに、不満を抑える為の秘密警察を張り巡らせて、見栄を張る為の武器ばかり作るとか」