どうでもいい

言及先、リンク先と私には関係がありません。 結果的に関係が生じても責任を持ちませんが、そこまで影響力がないんで気にしないで下さい。

AIIB丝绸之路=西亚=铁路2

 

アラブ株は、リベラルの間で、オシャレだった。

彼らは少額の株を、雰囲気でやった。よほどのデータでも持っていない限り、将来の収益を、正確に予測するのは難しい。

西アジアシルクロード鉄道の脱線事故は、彼らの財布の連合艦隊に打撃を与えた。

「400000ドル、溶かしました」

リアムは、テレビニュースのインタビューに登場し、その映像は、インターネットで、バズった。アイコラになったり、ポスターになったり。

もちろん、そういうのをやるのは、アメリカの右よりの連中だ。

リアムは元々、西アジアシルクロード鉄道から、アルバイト料を貰って、株の宣伝をやっていた。

この映像自体が、契約違反だろうか。冷や汗をかいた。

しかし、西アジアシルクロード鉄道の経営陣は、サッサと事態を収拾したかった。

鉄道の初期投資はABBIでかき集め、開通した後は株を公開した。

こんなインタビューが流れてインターネットでバズってしまうと、終息する事態も終息しない。

 


「俺たちは、工事費用として、50000ペソしか貰わなかった。

換算したら、従業員1人に、日給100ペソしか出せない。そんなんじゃ人夫が集まらないべ。

どうしてもっていうなら、奴隷売買してる、イスラミックステイトにでも、頼むしかない」

「で、イスラミック・ステイトに頼んだんですか」

「頼むわけないべや。

CNNっていう、外人のやってるテレビ局に、チクったんだよ。チクったというより、向こうが聞いてきたから、正直に、俺たちは答えた。

シノ=アラブ・コンストラクション社が、人夫をタダ働きさせようとしているって」

「それで大騒ぎになってしまったんですね」

 

 

「ナワルっていう、ナヒヤーンの王族の親戚が、余分にキックバック貰ったんですよ。

ナヒヤーンの王族は1人、イスラミックステイトに出奔した子弟もいます。

最近、落ち目で肩身が狭いみたいです」

青い目の情報屋が、ダウニング10番街の役所の謎部に詰めていた。

分析官が肩をすくめた。

「最近のお前の情報は、アテにならないよ。

この前、ジョニー・ディップと、サルマーン王子が、ドバイで会ったっていうのも、嘘だったし」

「あれはアメリカの大統領選向けの嘘ニュースです」

「どこが大統領選向けなの。サルマーン王子とジョニーディップが会うと、誰がどれだけ得するんだよ」

「ジョニディは、アラブ系ですよね、顔立ちが。それで、アラブの同胞とか言い出すんですよ」

情報屋1は、けっこう日焼けしていた。外回りが多いし、日差しの強い南国に出張させられることも多い。そう、このIT時代にか。

一方、内勤ばかりで、なまっちろい目の前の情報屋2がつぶやいた。

「アレは、塗ってるだけじゃないの、マイケル・ジャクソンの逆なんだよ」