グローバル・ラノベと政治同人誌だよ。

ご用件ははninjaid2000@gmail.com規約はGmaiにl準じます

鼻毛会長8


村井は憂鬱な気分でボストンバックを引きずって歩いた。

一応、トイレの個室に入って、中身を確認したが、全部札束だった。見たところは。

この札束が、本物であろうが、偽物であろうが、

村井はパチンコパーラーで10人も人を殺したくなかった。いかな生きている価値のないパチンカスとはいえ。

村井は、生きている価値の無い点について、他人を非難できない。

ときどき立ち止まって辺りを見渡したが、誰がジェンキンスの尾行か、分からなかった。

終わった人間同士が、殺しあうっていうのは、悪いアイデアじゃない。

でも、それで一生を刑務所で過ごすのが、面倒臭かった。

パチンコの蔓延を体を張って止めた英雄、とか言われて、麻原彰晃みたいに、永久に牢獄で生殺しにされるかもしれない、知らないけど。

だったらパチンコのやり過ぎで死んだ方がマシだ。

 

 

 

香港の金融界では、金融機関や当局の、情報開示や、法律の適用を巡って、

中国本土と、地元の英米系金融機関の暗闘が続いていた。

古くからの香港の市民は、民主主義を守りたいし、自由な企業、金融活動も邪魔されたくない。

香港は、アジア1の金融センターだから、それを安易に中国共産党の私物にするわけにはいかない。

しかし香港は、中国共産党の連中にとっても、大事な客寄せパンダだ。安易に潰すわけにはいかない。

かといって、自由なのを良いことに、海外勢に好き勝手をされて、中国の資金や情報があまりにヨソへ流出するのも困る。

そんな危ない香港とはいえ、日本から拠点を移そうと考える人や企業は増えていた。

香港は、元はイギリスの肝いりの金融技術で、中国の大経済圏に近く、使い勝手が良すぎた。

村雨の勤め先の証券会社もそのうちの1つだ。

江戸最高、明治死ね、という特集が、ダイヤモンドに出ていた。

江戸化って何だよ、職業選択の自由の廃止か。

かつては戦国武将の顔を表紙にしていた、オッサン向けビジネス雑誌、この分では、資産運用で負けた客が作っているに違いない。

現役でさんざん儲けたゼニゲバが、風向きが悪くなってくると、賭場を閉じる(自分の利益は確定しておいて)、よくあることだった。

村雨が顧客情報をチェックしているのは、皇居の見える都心のど真ん中のオフィスビル、いくらなんでも、ここが田んぼになるということは考えにくい。

資本主義が終われば、俺も終わりだ。

日本の世論は、見たところ、真っ二つに分かれていた。

人には二種類いるという。

安らぎを求め、宗教へ帰依したがる人種と、スリルを愛し、ゲームにはまりこむ人種。

前者は有徳とされ、後者はクソだとされる。

でも、決して宗教屋のタチが良いわけじゃない、と村雨は思う。


史上では何度も、敬虔な信徒が、異教徒を虐殺したし、身内から、異端を執拗に探し出して、鍋で煮たり、杭でケツの穴から口まで突き刺したりした。

2つの人種のうちの、どちらが史上、人を大勢殺したかといえば、宗教家は聖人のフリはできない。

ゲーム人種は、無駄に金を浪費したし、人々に利益と生きる喜びをもたらさないクソなゲームは、人々を堕落させた。

このところ、大枚をスリ、証券会社の営業部員の彼に説教する老人などが増えてきた。

金。金。金。あんたのやってることは汚いよ。地獄に落ちろ。美しい日本を取り戻せ。

村雨は、彼らの言った通りに、証券の売買を実行しただけだ。カモったわけじゃない。

で、そいつは、もう客じゃないから、シカトしてドアを閉めてもいいが、立つ鳥跡を濁さず。

気のすむまで愚痴を言わせ、お力になれずに済みませんと、頭を畳みにすりつけて帰ってくる。その客を、顧客ファイルから外す。終わり。


村雨は、Yシャツの下に、十字架のネックレスを下げていた。シャレだ。接客が辛くなったり、勝負が煮詰まってくると、よく十字架を握りしめて、指に痕が付いた。

その小さな金属の感覚が、村雨を胸狂おしい気持ちにさせ、そして、勝負に有利な精神状態へ導いた。

村雨は仕事で得た金融の知識を元に、インサイダー取引でお縄にならない範囲で、プライベートで株を運用して、上手くやっていた。

きっと伝統社会には、こういう達成感がないのだ。

誰かを宗教儀式の生贄にして殺したり、ライオンを狩ったりしない限り。


彼には子供が3人いて、つつがなく暮らしていた。見たところ。

彼らが木端役人のケツに敷かれて、田んぼを耕さなければいけないのは、理不尽だ。

木端役人は何もしない。彼が、その職についているのは、それが家柄だから。

俺は偉いっていう本を読んで、ふんぞり返って街を歩き、気に入らない人間がいれば斬る。