グローバル・ラノベと政治同人誌だよ。

ご用件ははninjaid2000@gmail.com規約はGmaiにl準じます

墓地2

 


地上の楽園は終わりだ。

それを自称した某国が、アフリカの汚職大王と、世界のワースト・ランキング常連を争うクソ国家になってしまったからだ。

これからは乳と蜜の溢れる、天上の楽園だよ。死んだ後に行くところ。死なないと行けない。何処ですか?

放射能が骨に良いです」

せっかく作った野菜が売れない。放射能が無いとか、10ベクレルとか、10000ベクレルとか、デマが飛び交い、多分、金だって飛び交っていた。

どれだけ働いても豊かになれない、レベル上げできないバグが入ってる、そういう状態は、日本の多くの人に共有されていたから、当初は、気が付く人がすくなかった。

ソレって無理ゲーじゃないかって。

フクシマの勘の良い人々は、墓地用に土地を売り出した。

放射能汚染の噂が途切れない土地で、どうしても食べ物を作らなくてはいけない理由は、特に無い。一次産業をやりたければ、ヨソの過疎地に行けばいい。

いちいち、政争の具にされるのも飽き飽きしていた。ソレが逆に差別を呼ぶんじゃないか、って。

近所の友達と一緒に応募すれば、向こうも人増えて喜ぶ。

でも、亡くなった地元の人たちの魂と一緒にいたい。墓参り、遠いし。

家屋に潰されて、骨、拾った人と、津波に流されて海の藻屑と化した人の差別をするのか。

海の藻屑になった人にも、骨がない墓があるんでないの。

そもそも墓云々が、無縁仏への差別だよ。

無縁仏ってのは、元からそんなことはどうでも良いから、無縁のまま生きてるんだよ。

死後の世界にも、祖先にも縛られない自由な魂。彼らの自由を邪魔してはいけない。

 

 

 

もう墓が作れない人口密集地で、人々は困っていた。

ただ、純粋な気持ちで祖先を祭りたい。

気の利いた寺で、地下100階の納骨場とかもあったが、貧乏人には、お高いんです。

立体駐車場みたいなシステムでお骨がウィーンと出てくるので、神聖さやありがたみが薄れ、何とも言えないサービスだった。

墓、家の庭に作ろうよ。猫のお墓みたいに。貧乏人には、庭すらない。なら押入れにでも。死体遺棄とかで捕まるから。

人心安寧の為に、補助金、出せば。

葬式を上げる権利は、条例で保障されてるのか。

葬式でカンパあつめるのヒドイじゃん。

貧乏人は一円も落とさずに押しかけて、葬式饅頭とか食ってく奴ばかりだよ。

有名人の葬式に、大量の人と金が集まるのを見ろよ、アレこそが格差社会の象徴だよ。

自分は故人を偲ぶ良い人で、こんな有名人のお友達だったんです、っていう姿を世間に見せるチャンスだから。

金持ちはカンパいらないだろ、孤高の戦士として、ひっそり死ね。

フェイス・ブックと同じだろ、僻むなよ。

人の死は平等じゃない。いや、人の死は平等だ。誰もが死ぬ。

だから、人の死にはクラスがある、と偉い人は、最後の悪足掻きをしたのかもしれない。

金が掛からない葬式って、それはそれで創価学会じゃないですか。

純粋に故人を追悼したい気持ちに変わりはないが、それを形にすると、モノは色々面倒臭かった。

既に、そういのが面倒臭くて、もう群れない人種も増えていた。

孤独死上等、部屋の空気に動きがなければ死んだ恐れありとして、即通報のセキュリティ・システム。

火葬にしない?

火葬OKですか?

聖典宗教に、火葬OKですか?はかなりの問い合わせが来た。

火葬OKにしとこうよ。コレはガリレオだよ。