グローバル・ラノベと政治同人誌だよ。

ポリシー:ちきう上からポコラーを絶滅しよう。嫌がらせノー、駄目、絶対。

Trans-Pacific Partnership4


既にアメリカが蹴っているのに、日本サイドの一方的なTPP推進の意図は、謎過ぎた。

経産省辺りで、この胡散臭い作業に従事させられている職員の疑問は噴出した。

「アメリカはずっと、ハイテク投資とか、ドル覇権の構築に前のめりでしたよ。

それで足元が疎かになり、文句が募った。

地元の水道管壊れてるとか、道路が寸断されてるとか、そういうのは直したら良い。

その一点を持って、内向きとはいえない。

バック・ラッシュが来ただけだよ。外で派手にやり過ぎたから、ここらで一丁、古くなった家の壁を直す。

海外投資に、アメリカの金や人が1ミリも漏れないとか、次の政権も次の政権も、ずっと内向きとかいう憶測は違う」

内需だけで回すってどういう感じですか。公共事業ソニー・タイマーつけるんですか。

日本の木造景気は100年持たないから、建て替え景気があって良いとか。

江戸の火事が公共事業で、アレで適度に経済が回ったって人、大真面目にいますし。

だいたい、公共事業自体、貿易黒字からの上がりでやってるでしょう」

「震災の陰謀説みたいな話だよ。震災で景気復興とか、全く起きてないし。

かつて、311の震災復興と、戦後の廃墟からの復興が、同じだと言う人がいたが、そうはならなくて、結局、海外部門で儲けないと難しい。

朝鮮戦争神武景気はもう起こらない、起こったら、それは今度は、日本が戦場だ」

「先進国の賃金水準で、製造業でどうやって成功するのか、不明ですよ。

仮に中国に人民元を切り上げさせても、良質の労働力を抱えた、通貨の安い国は腐るほどあるし。

ISと全面戦争して、第三次世界大戦による景気復興か。

アメリカはシェールオイルとかあるから、貿易止めて、鎖国してもOKっていう噂はあるけど、

そうしたらアメリカの代わりに貿易で大国化するところが出るだけで。

非資源国、日本の鎖国時の扶養可能人口は3000万人だった。子消し姥捨ても当たり前だった」

「国内投資は、優秀な人や、子供に奨学金を出してあげる、くらいしかないし、その教育の中身もどうかってことになってるし。

左翼が年金、年金、言うと、老人病院のベットに縛りつけられている、床ズレに苦しむ老人を想像するじゃないですか。何かというと、命、命。

弱者は左翼の商材じゃないんだ。

日本人は、死に方、働き方を含めて、クオリティ・オブ・ライフを自分で選択できる権限と能力が与えられていない。

ベーアの海外投資は、効率がよくないのかもしれないし、カモられているだけかもしれない。

アメリカのシンクタンクや政界とかを引退した戦略家とかを据えてやってもらったら、どんなにいいだろうかと思う。

が、気分的には支持されてないことはないから、ああいうことになっているんだよ」

 

 

 

 

 

一の宮は、英語でラインをやっていた。

何故こんなヘボンを釣ったのかはよくわからない。

とりあえず、インターネッツで、韓国軍のベトナム人への賠償がどうのこうの、とか言ってる奴がいるから、釣っとけ、とか上司に言われた。

何ソレ。通産省の仕事なのか。

「ガザツな世界を、どうにかして欲しい、それは分かるよ。

私だって、ガザツ爺の跋扈にはウンザリしてる。

日本が働く女子の聖地であってほしい。

それは、男女平等レベルで世界100位以下の惨状からの現実逃避かもしれない。

でももしかしたら、ガザツメンが世界を支えているのかもしれない、と思わない?

ガザツメンは、万事、ガザツ、ガザツなまま石油を掘り、戦争へ行く。

それでモヤシメンや女子の聖地が維持されているのかもしれない」

「世界をそんなガザツな設計にする奴が悪玉だと思わないか。

ガザツな奴は、いてもいいけど、全員に無理飲みとか、腕立てを強要してくるのはクソだよ」