読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1、このサイトは書き直し中で、文章崩れています

追々直すので少し待ってください。

土建1


MAKIKO姉は人使いは荒いし、

男連中のことを何もわかっていないが、

必ず仕事を取ってくる。それが、この業界で一番大事なことだ。工夫たちを、食わせていくこと。


父親が土建の世界の神様で、彼女に頭の下がらない人は多い。

地元を反原発の左翼に牛耳られてからは、I県に移ってきて、フィクサーをやっている。

「眉毛ー」
「はい」
眉毛太い事気にしてるのに。H野はしょぼくれた顔で、MAKIKO姉の側へ行く。

「猿山にヤキ入れたらどうかな?」

猿山は市役所の担当者で、本当の名前は中山なんだが、猿に似てるから猿山、

彼女の「ヤキ入れて」は好きに解釈できた。

役人の言うことを聞かせられるなら何でもよかった。

下っ端の従業員たちは、その手段を考えるのが、嫌いではない。

「眉毛」は、自分の太い眉毛のことを忘れて、ウキウキしながら持ち場へ戻っていく。

 

 

 


利益誘導型政治で、復活を目論む落ち目の保守系政治家Oは、政界に復帰しすぎた過ぎて、

「隣の県に地震起これ神社」を自分の敷地に立てている、これを知っているのは、側近と出入りの業者である。

原発ムードの高まりで、「大先生」の地盤が陥没すると、

女狐はI県へ逃げた。

Oは、中央政界で汚職で失脚したこともあいまって、世間から「汚」と呼ばれている。

 

 

 

 

「何してるんだ」
「雨乞い」

Oは、部屋の真ん中に、御座を敷いて座っていた。

ここは汚沢先生の作った神棚だった。

神社と行っても通用するくらい、立派なしつらえがしてあった。

これを作るのに、どのくらい工事費を着服したのか。

多くの人々が、仕事が入らなくて、ヒマだった。どこにエサがあるのか、遠くで鳩が泣いている。減った田んぼに増えた道路。

背後のテレビから、とんでもない知らせが入ったのは、そのときだった。

「東北地方で震度6地震が起きました。繰り返します、1で震度6地震がおきました」

「雨乞いが効いたのか」
「何を祈っていたんですか」
「何か。仕事こないかなって」
「効きましたね」
N元は、おべっかを言った。

人に聞かれたら困るが、あいにく、ここには3人しかいないから、3人のテンションの上がるセリフが必要だった。

つるんできたT田、こいつは仕事がなくなってクサクサしている。

適当なことを吹いていないと、やっていられない。

「効いてねえよ。仕事は全部被災地へ行っちまう」
「俺らが向こうに乗り込めばいい」
「他人の縄張りへ?」
「地元の土建屋は壊滅してるに違いないから」