読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1、このサイトは書き直し中で、文章崩れています

追々直すので少し待ってください。

保育士のサポートをするアルバイトを、大大大大募集「田吾作町役場」3


「泣きそうな顔をしろ」

「ケーキを食べようとして、落としちゃったっていう顔」

誠は、大人たちに言われたように、なるべく床に落としてしまったケーキを思い浮かべようとしたが、

大勢の人たちが集まってくる昂揚感には勝てない。

子供たちは、互いに、つつき合い、

興味深そうにマスコミのカメラをのぞきこんだ。


「ママ、デモは面白かったね、また行きたいね」

「また行くなんてゴメンよ。誠の保育所がなくなっちゃうんだから。できれば、デモなんか、やらなくて済む方が良いよ」

理子は、弟の誠がはしゃいでいるのをみて、つまらない。

フーンそんなに面白かったの。

理子は、罰ゲームなんかやらされて、あんまり良い一日じゃなかったよ。

胡散臭い大人の怪しい会話が聞けて、面白かったけど。

でも、ウリスト系チェーンとか、奴隷の子孫とか、分からないことばかり言っていたから、家族に話してもしょうがない。

そのデモは、テレビに映った。珍しかったので、父親はそれをそれを録画した。

「この隅っこに、誠が映ってるよ」

「スゲー、スゲー、スゲー」

「マコはピースとかして駄目じゃん。

まるで保育所がなくなって喜んでるみたいよ」

「泣き真似しろって言う人もいたけど、無理だよ。逆に怪しいしね。何かの宗教みたいで」

母親が食卓を片付けながら言う。

 

 

 

 

マコ、元気?

田舎送りはどうですか。

そのうちお母さんたちと遊びに行くから、よろしくね。

持って行ってほしいものがあったら、リクエストしていいよ。

ポルシェとかは無理だけど。

ポルシェあっても、マコは乗れないしね。私も乗れないけど。だから、持って行けない。

田舎に、カブトムシはいる?

この前、スーパーで500円で売ってたんだけど、気になったけど、やめた。

 

姉貴へ。

ココは、イケてるっていえば、イケてるし、イケテないっていえば、イケてない。

ビルが田んぼになっただけ。

カブトムシはいない。

カブトムシって何だっけ。ツノの生えた奴?

でも、ポケモンやってる人がいっぱいいる。

田舎はポケモンいないはずなんだよね。チートしてんのかな。

任天堂に文句言ったりとか。

でもここは、人が増えたから、それはアリかもしれない。