グローバル・ラノベと政治同人誌だよ。

ポリシー:ちきう上からポコラーを絶滅しよう。嫌がらせノー、駄目、絶対。

Chinese Palestine5

 

「何故、ハイファとザーヒルなんですか。

2人とも、忙しいし、テロなんかやるわけがない。

ハイファとザーヒルなんて、一番テロリストから遠い人種です。

オルドスくんだりを、うろついてるあなたたちのほうが、よっぽど怪しいですよ。

結局、中国当局は、パレスチナ人居住区から優秀な人を攫って行きたいんでしょう。

あなたたちが、ウイグル自治区チベットにしたのと同じです。

異民族を警戒するあまり、そこを未開地区に留めておきたい気持ちが強すぎるんです」

長老たちが、リウに抗議した。

オルドスのパレスチナ人たちは、当局の言う通りに全員分のDNAを提供し、白と判定されたのに、何故ハイファとザーヒルを奪われないといけないのか。

「攫うとは言っていないでしょう。攫うなら、黙ったまま、とっくに攫ってます。

お2人をしばらく、お借りしたい、と言っているんです。

報酬も出すし、無理にとは言いませんが。

私たちは、あなたたちパレスチナ人に、多くの便宜を図ることが出来ますよ。それに」

リウが言葉を切って、長老の顔から目を離し、幽霊ビル群を見やった。パレスチナ人たちの視線もそちらへ動いた。

「未開はないでしょう。

あなたたちは、長年の迫害が祟って、クレーマー化しているんじゃないですか。

ココはチベットウイグル自治区じゃない。けっこうな最新都市でしょう。

北京や上海に比べたら、大分、ゆるいけど、ゆるいから逆に、中流市民には、過ごしやすいということもできます。

住人の差別もしてません。ウイグル人がいれば、漢人もいるし、パレスチナ人もいる。

ココが良いところだって、都市流民に噂が広まって、少しづつ幽霊ビルは埋まり始めているけど、まだ空きがあるくらいだし」

何故、財政鷹派路線を取らないココの暮らし向きが悪くないのか、本当のところは良く分かっていない。

欧州やアラブへ続く、シルクロードの沿線にあるから。

ディアスポラグローバル化した多民族が多く、アラブや中央アジア、中国の都心から、交流に来る人がいるから。

住人の平均年齢が低く、人口ボーナスの恩恵を被っているから。

出来たばかりで物珍しいから。

元々能力はあっても貧しい人が多く、向上心に溢れているから。

鉄道や幽霊ビルなどの生活インフラが、低価格で提供されていたから。

最低時給が低く、企業が工場を置くから。

「大切な故郷から、当局に攫われてしまうのは、大変です。心細いです。寂しく思います。

だから、報酬は、交渉次第で、どうですか。ただ、私たちは、何をしに、連れていかれるんですか?」

女子中生のハイファはパレスチナ人だが、彼女の交渉スタイルはイスラエル式だ。

むしろイスラエル人の戦略の忠実なコピー。

彼女だって、幼い頃、イスラエル国民だったのだ。

パレスチナ人の多くは、ほとんど国民扱いされていなかったけれど。

 

 


コンビニの新規出店にはいいんじゃないか、人口多いし、集積してるから。10店くらい建ててもいいんじゃないか。

オルドスの新入居者の浜田が、ゴーストタウンをブラブラしていると、身なりの良い中国人に声を掛けられた。見た目は、漢人って感じ。

「この辺で、あたらしいプロジェクトでもあるのですか」

「あんた、この辺の人じゃないね。その発音からすると、日本人かな」

浜田が手渡されたリウの名刺には、公官庁の役職がついていた。が、これは以前の名刺だそうだ。今はオルドスへ飛ばされて、一応官庁に属してはいるけれど、何の身分なのか不明だとか。

2人はインターネットカフェに入り、多くの資料を見せ合った。自分のいた会社のホームページや、官庁の公示。

「左遷されてきた?それまだ、何で」

「浜田さん。私は少しでしゃばった。

市民の為に、当局の集めているデータを活用しようと思った。

私は勘違いしてたよ。

当局は市民たちに、自由に泳いでほしくなんかない。

中央は、どれだけ努力しても、泥水を飲むような庶民の生活を、救う気がない。

集めた情報を独占して、特権を維持したい。私は、その矛盾をついて、当局の逆鱗に触れてしまったんです」

「リウさん。僕はオルドスに、コンビニでも作ろうと思ったんだ。ここはそこそこの人口が揃っている。

僕たちに、DNAがどうとか、フェイスブックでアマゾンで集めている客の嗜好とか、そういうデータは入らないよ。

POSシステムで客の買いそうな品揃えをして、待ってるだけだ。

確かに、このビジネスモデルはキツイ。コンビニの経営はシビアで、自殺者も多い。

仕入れから、各種領収書の払込いまで、あまりにもいろいろなことを引き受けるから、アルバイトも目が回って、人気がないよ。

売っているモノは、決して安くないのに、薄利多売っていう感じが拭えない」

リウは浜田に、北京まで行って、そのコンビニ見せてもらった。

各種支払、荷物の発送、受取、銀行のATM、利便性の高い役所みたいなやつだ。これがあったらぐうたら役人がグダグダ札束を回しあっている役所を潰せるんじゃないか。

リウには誇大妄想的なところがあった。あまり役人に向いていない。

従業員が、少し忙し過ぎるのが難点だったが。公営企業には無限の金が湧いてくるが、私営企業は大変だ。

リウは浜田に、「あんた、私と組まないか」と言った。