読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1、このサイトは書き直し中で、文章崩れています

追々直すので少し待ってください。

毒毒パワーランチ1

 

 


ケケ中とアンダー橋は、いつものように皿を交換した。

皿は、交換することもあれば、交換しないこともない。

完全にランダムにすることが、彼にとって、重要だった。

周囲はそこに、法則性を見いだせない。

決定権は彼の心の中にしかない。

ケケ中はコレを、迷惑に思っていた。

何が楽しくて、こんなオッサンと毎回食事を共にしないといけないのか。


霞が関のリストラを口にした途端に、前任のベーア首相が毒にあたり、アンダー橋は神経質になっていた。

 

 

首相官邸でランチを取る、ケケ中とアンダー橋について、詳細は明記できない。彼らのモデルを知りたい人は、適当にインターネッツを検索して下さい。

官邸には秘密が多過ぎて怖い。

 


食事に毒が盛ってあるなんて、考え過ぎじゃないですか。行き過ぎると発狂するから止めて下さいよ。尻拭いが面倒臭いですから。

ふんならどうして俺を首相の座につけた。俺は心臓に毛がビッシリ生えていて、とても発狂するような神経の持ち主に見えないから、ナメてるんだろ。

度胸があること、軽率なことは、表裏一体だ。

 

 


埋蔵金は、ありまあす」

簿記は難しかった。

財政のバランスシートの見方を知ってる人はあまりいない。

統計上のトリックなのか何なのか、埋蔵金にこだわっている人がいて、最近は下火だった。

当時、国会答弁に出た塩ジイは見た目、眉毛ボーンの村山首相みたいなタイプだ。

彼を見ていると、選挙民は、ねーよとか、殺すぞ金満上級国民、とは言えなくなってくる。

 

 

人望の無い人は金をばらまくと人気が出るとか、財政には厄介な体質がまとわりついた。

かといって何もしないなら、図々しく他人から税金を取って行く意味が無い。

マフィアだって、つねに金の分け前でモメた。

アメリカだったら、米国債を踏み倒すと海外勢を脅すと人気がでたり。

ヒトは自分で思っている程、賢くない。

 


「公務員を5割削減します。霞が関も例外ではありません」

これを公衆の面前で最初に口にしたのは、アンダー橋首相で、彼ではない。

金融再生特別大臣、ケケ中の半生は闇に包まれていた。

成功者のルーツを、半分、暴くといったトーンで描くことで有名な作家が、ケケ中の生い立ちを掘り起こし始めた時は、

プライバシー侵害の訴訟を起こして、連載を差し止めた。

ただ、ケケ中は、やっていることが不気味なだけで、人当たりは良かった。

彼にあった人は、みんな、彼は感じがいいね、というのである。

 

 

ココは大阪じゃないんだよ、クソカッペが。お前はお笑いの雛壇で踊ってろ、法律資格を以てな。

アンダー橋は、かつて府知事をした。

大阪でダレた役人商売に大ナタを振るい、当初は好評だったが、最後は自分のところにリストラが忍び寄っていることに怯えた選挙民たちによって、クビを飛ばされた。

リストラの恐怖を、誰もが抱えていた。地球上のすべての人が。

リストラした奴の最後は、あまり知らされない。チェーンソー・アルとか、いろんな奴がいたのに、今どうしてる?映画がつくられたのは、サッチャーくらいだ。

 

 

 

日本会議日本会議
「あんなのに興味あるの」


「江戸は平均寿命が50歳で、人口3000万人ですよ。
今の日本は、少子化少子化とはいえ、1億はいる。

仮に50歳以上の人間が全員死んだとしても、3000万人はいる。

そのシュミレーションを正確にしている人は、いますか」

「あれは宗教団体だろう。シュミレーションなんか、しないことこそが、存在意義だ。

神のお告げとか、神社の賽銭箱からエクストラプラズムが出てきたとか、言ってる方が、信者にはウケるんだよ」

「しかしその人たちが、政権を取ってしまったらどうしますか。

私たちは専門家なのだから、きちんと数字を出しておくべきなのでは?」

「そう、私たちは、仕事をしないとクビが危ない。

江戸の武士は何割で、俺たち上級国民村の住人は何割だ?

霞が関だけじゃない。大企業、地方の役人、公営企業。

それが全員、武士を名乗るのか?紺の袴をはいて、刀を差して歩くのか?」


「シュミレーションなんか、しないことが、ここの伝統なんだよ。

くだらないことは、執拗にシュミレーションをして、データを売りつける。

そのデータを、また誰かが、こねまわして小銭を稼ぐ。そういう錬金術の為のデータだよ。

真面目に未来予測なんかするやつは、アホだ。

戦前の誰がGHQの支配なんか予測した?

未来が予測できないから、俺たちは無謀になれる。

自分が負けることが分かっていたら、誰も賭博なんかやらない」

「まあ、ここの人たちは、誰も博打とかしてませんからね。

勝ち上がればピラミットの上の方へ、負けたら天下り先でセーフティーネット、そういう安定ルートです」

「それは、ここのメンバーとして見れば、そうだけど、この国の行く末自体が、かなりの博打なんじゃないかね」