グローバル・ラノベと政治同人誌だよ。

人に見られたくない話はninjaid2000@gmail.com

R指定(仮)5

 

ミサと違い、正人は援交騒ぎに、死にたいくらい衝撃を受けた。

あんなんペラペラしゃべるなよ、姉貴。

墓の中まで持って行け。クソが。

どうせ買うなら俺に1人よこせ、俺の為に買え。

それで、どんだけの経験値がつくと思ってんだ。

セックスなんて、オッサンにとってはタダの余興、童貞にとっては決死のバンジー・ジャンプ。

「金は女についてくる」

インターネッツで、テレビで、頭の良い豚が調子に乗っていた。

その金を、どうやって稼ぐんだよ。教えてよ、地上の星よって感じだ。

お前みたいに東大に入ることか、そうか、ふんなら、高知能に生まれ直すしかないな。

あのクソ親父のDNAは大したことが無い、高度経済成長の波に乗った量産型ラッキー・マンだ。

それに、地上の星連は既に、補助金にすがるしか、存続の手口がなかった。

日本のオッサンの心を鷲掴みにしたプロジェクト・エックスは、そういう産業構造の変化を見ると、あからさまな詐欺番組だが、視聴者の知能が低いので気が付かれない。

オッサンはああいうテレビを、自分に酔う為に見てるので、自分がイノベーションを起こす気は鼻毛ほども無い。

靖国神社で特攻隊に花を手向ける現代人が、自分が死ぬ気は毛の先ほども無いのと似ていた。

自分が人生を捧げて来たものが崇高だと思いたい、ただのクソで無駄だったとは、思いたく無い。

「その辺の奥さんでもナンパすればいいじゃん。

乙女ってのは理想が高いんだよ。お前チンコ小さいね、とか言われて終了だよ。

そこへいくと、子持ちのママンは優しい。

何しろ、目の前で泣くだけのウンコタレを、無償の愛で許容できる、神属性の持ち主だよ」

「俺は理想が高いですし、っていうか、お前も早く死ねよ」

「最近、死ねが多いね。

そんなんじゃ世の中、生きていけないよ。

世の中に、コイツ、死ねと思うことは腐るほどあるんだから」

コイツ、将来こじらせて、幼女襲ったらどうしよう。家族全員、犯罪者の係累として晒し者にされるだろう。

日本では、一回り下の女を狙うのがグローバル・スタンダードでーすとかいって。クソが。

じゃあ、友達を紹介するか。

それもなんかヤバくないの、色々と。

 

 

 


村社会、良いんだけど、嫌なんだよね。それも、壊滅しつつあるようで、喜ばしいのか、悲しむべしか。

透明性があって、良い人率が高いのは好ポイント。

ただ、それ突き詰めたら、これからNSAが巨大な世界村を作るんだし。その透明性は、NSA側には透明で、庶民には壁っていう悪夢。

透明性はオッサン漁りに都合が良いし。都合がいいってのも何だけど。何なら、NSA側に潜り込むか。一体、どうやって。

一方、オッサンがインターネッツで女子高生の情報を漁ったところで、大した差がない。

キャハとか、☆とか、彼女たちの脳内にある100個くらいの単語の並び方が違うくらいしか、識別方法が無い。

あとはツラ。そう、結局男はツラでしか女を識別できない。バーカ。

「か、彼女は、ビッチなのかい」

洋行帰りの娘に、外人を連れて来ると言われた夫婦はビビった。

「ビッチじゃないよ。その辺で安易に小耳に挟んだ単語を使うなよ。イモ扱いされるよ」

「俺らはイモかい。それは否定しないよ」

「それは、あんたがビッチだからだよ。あんたの友達なら、ビッチだろうって」

「私のどこがビッチなの」

「そのミニスカートとかだよ。風邪引くぞ」

「だったら、世界はビッチだらけだよ」

「自分から脚出してるくせにパンチラ撮るなとか、世界中で炎上してるよ」

「だったら、女子中学生からアウトだよ。学校のブルマーもアウトだよ」

「商品価値があって羨ましい限りだな。お前、店頭に並べて売るぞ」

「あーあ、イモはこれだから、人に好かれないよ」

マミーは、泥沼の不倫とかは困るけど、旦那に相応にモテて欲しいと思っていた。何しろ、客商売なんだし。

あの店のオッサン、格好良いなんて、鼻が高いじゃない。目の前のオッサンには、無理だけど。

無理にモテようとしないところが可愛いって奴もいるし、人々の判定基準は微妙だ。

女子高生の「カワイー」は100通りくらいあった。「キモカワイー」に至っては、最早、AIにすら判別不可能だ。そうして街行く気の毒なオッサン連中に、神の審判が下る。

オバハン連中は、人生の先輩としてマウンティングしたり、単純にシカトしたり、いろいろ術があった。

女子高生のパンチラなんか、ノーダメージだ。ハハハ、年齢ボーナスを無駄にしとるで、あの姉さん。

が、オッサンは、いつまでたっても下心を捨てられない。

下心いいじゃん、人に好かれようと言う努力は、大事だよ。そういうのが、人の魅力の根源なんだし。

「だけど、彼女も、イモ地域出身だよ。そんなに人種違わないよ、アメリカだってイモは多い。だからよく戦争してる」