グローバル・ラノベと政治同人誌だよ。

ポリシー:ちきう上からポコラーを絶滅しよう。嫌がらせノー、駄目、絶対。

R指定(仮)7


3つ商店街があったら、1つに絞った方が良いと思うんだよ。

規模を集約する、ショッピング・モールと同じ。

ただでさえ少ない客を奪い合って、共倒れしてもしょうがない。

それを小童議員とかが、それぞれ利権にしようとして争うから、共倒れ感がハンパないよ

みたいなことを、理子は、敬語にして話した。

理子は日本の空気を読まないことに関しては、自信があった。

夫妻は、それを知ってて、この商工会議所に連れて来たのだ。

絞るって、どこに絞るんだよ。本当に空気読めないにもほどがあるよ。

ハイ、止めます。ハイ、うちも止めます。ふんならウチが。

そんなにうまく行ったら、世話はない。

理子は「だから嫌だったんだよ」と言う顔をして、母を見た。

イヤなオッサンの群れ。オッサン好きと、オッサン嫌いは紙一重だ。嫌いな奴は本当に嫌い。

モテない男の、女の悪口がスゴイのと似ていた。

女の悪口を言えばいう程、ソイツの脳内では、女の存在が神格化されてるのがバレバレだ。興味がなかったら、何も言わない。

だから女の悪口は、ソイツがどれだけ女に飢えているかの指標にしかならない。

ただ、本当に女に迫害されて困っているケースもあるけど。

いずれにしても、女の悪口を言う奴は、女なんか鼻毛みたいな存在、と言えるほど、強い生物では無い。

理子を嗾けたママンたちは、気が付かないフリをして、ペットボトルの茶を飲んでいた。

ミサとエレンは、商店街の政治学が分からないから、ボケッと座っていた。

町おこしのイベントに、女子高生を呼ぶとか、小学生を呼ぶとか、とりあえずアイ・キャッチだ。

もう女子高生じゃ、ないけど。

そういうのって、どうなの。

女子高生を使えば、蠅は寄ってくる。小学生でも良い。

蠅も客だ。金さえ持っていれば、客だ。

もちろん、女子の生息地帯=ホットスポット、なるマーケティングが、当たっているかどうかは、不明だ。

が、そういう発想をする人は多かったし、ショッピングモールなんか、そう設計されることが多い。

逆に考えよう。

秋葉原は小金を持ったオタクの聖地で、逆に乞食女子(メイド喫茶など)を呼び寄せた、逆のパタンなんだし。

いやいや、乞食女子って何だよ。お前、殺されるで。

 

 


「お兄さんと、エレンさんの仲が、どれだけ広まるか」

「私がやるの?」

ミサはまだ大学生で、来年卒業だった。卒論のテーマを探していた。

「調査するほどのことじゃないじゃん、この辺の商店街、テンション低いし」

「テンション高いとしても、そういう調査って、どうやってやんの。そんなの卒論になるの」

偽装結婚っていうのがヤバクナイ?だいたい、何で2人の仲を秘密にするの。ソレ、不倫の研究か何かなの」

「でも、日経に失楽園が載ってるんだよ。卒論は不倫研究でした、とかインパクトあるじゃん」

「無いでしょ。日経って、本気出してるの」

渡辺純一の失楽園は、良い歳こいたオッサンが年下のカルチャー・スクールの講師か何かと温泉に行って心中する、しょうもない話だ。

日本人は、ミルトンの失楽園がどういう話とか、知らないし。渡辺純一も知っているのか、どうか。もちろん、ここにいる誰も知らなかった。

エレンにとっても、ニッケイ・インデックスは、ニュースで良く出てくる単語、

この先はレンミンビ、とかいう中国語に代わっていくのだろうけど。

その日経と、このニッケイは違うんじゃないの、とか細かいことは知らない。

</pre><pre class="l">【ToBeContenued】</pre><pre>

>調査して、どういう展開とか、分からん。
調査自体、知らん。
その筋自体はいいと思うんだが。内容を、書けるかどうか。
今のビックデータに比べて、当時の流行が、
どんだけザルだったかってこと?
ビックデータも何も、人間自体が洗脳されやすいものだから、それだって絶対視はできないけど。

 

「最近、うちの兄の噂ってありますか。一時、帰ってきて、町中の視線を浴びたとか、被害妄想気味なんですけど」

「さあ。彼は子供の頃、おもちゃか何か買って、価格交渉に来たよ。ここに傷がついてるから、500円まけろとか」

「奴は銀行員ですから。そういう奴ですから、すみません」

「やり手の商人じゃないかと思ったよ。最近の銀行は、やり手の商人っていうより、追剥だけど」

「伝えておきます」

「お兄さんの就職先は、この地域と関係ない銀行だから、どうでもいいよ。何ならあんたが、A地銀に言ってきてよ。あんた、商工会議所で一席ぶったんだろ。その根性を見込んで」

「何を言えばいいんですか」

「うちに金貸せって」

 

 


「最近、うちの兄の噂、何かありますか。地元で目ぼしい投資先を探しているとか、意味不明のことを口走っているんですけど。ヒラ銀行員の癖に」

「すごいイケメンだって町中で噂ですよ。とくにうちの娘はファンですよ」

投資先とか言わなきゃよかったよ。理子は自分の頭の悪さを呪った。覆面調査って、難しい。