グローバル・ラノベと政治同人誌だよ。

ポリシー:ちきう上からポコラーを絶滅しよう。嫌がらせノー、駄目、絶対。

R指定(仮)8


ミサの弟の正人は、A商店街のキャンペーンで金が貰えるみたいなので、ウサギのキグルミを被っていた。

あんまりキツイの駄目なのよ、俺。ヘタレだから。バイトを3回クビになった正真正銘の駄目。

アレやって、コレやって、出来ないの、あっそう、じゃ、次の人、どうぞ、みたいな。それに、人怖いし。

「そのキグルミ、暑くない?」

「別に。俺はツラに自信がないですから」

「ふんならウチらが、マサマサの良いところを、宣伝して回ってあげようか」

最近、ミサは、覆面調査の腕に自信を持ち、宣伝屋の仕事に酔っていた。

こんなの本当に卒論として受け取ってもらえるかどうかは、ナゾだ。

例のテレクラ社会学者とは、100くらい知能違うんだし。

正人は良い大学へ行くくらいの頭はあったが、バイト不適正で、就職には早くも暗雲。

「お姉さんたち、どうせ俺のチンコが小さいとか、そういうこと言うだろうから、いいです、止めて下さい」

「お前、人間不信だよ。煮詰まって、変なことするなよ」

身の回りの女はこんなんばかりだし、男と言えば、白人ギャルを連れた銀行員がいた。

またもや強敵の出現だ。

これまた偽装結婚というチート。

金で女子高生を買いあさった親父の次に出た怪獣。

だけど、奴らを見ていると、人生って運じゃないか。

それが、絶対に負けるゲームとは言い切れない。

 

 

 

「マサマサ、被りもの取って」

「ライダー・キック」

正人は、通行人のイジリにヘラヘラできるほどプライドが低くないのが、決定的に痛かった。

受験勉強では負けたことが無い、中途半端に知能が高い奴。

くそう。金もらったらサッサとトンヅラするさ。

別にここは俺のフィールじゃないし。

秋葉原にでもいけば、ヘタレ男の聖地が待ってる。

でも、メイド喫茶に入り浸る、その金をどうやって稼ぐんだよ。

あの援交オヤジにたかるのか。

正人の父親は、過去の援交ネタを持ちだせば、ほとんど打ち出の小槌みたいになっていた。

それでポルシェ買ったりとか、そんな極悪なことはしてないけど。

秋葉原は、臭い男の聖地みたいになってるけど、アレはアレで、勝ち組なんだよ。

臭くても、金で女を買えるんだから。女にモテなくても、そんだけ、仕事の腕はある。

彼らは、援交オヤジの正統な後継者だった。

ま、次の世代にバブルは待っていないから、そんなDNAじゃ生きていけないんで、勝手にくたばった方が良いと思うけどね。

 

 


十六茶、上げるよ」

「暑くないかね。ウチでサボっていくかね」

通行人には、親切な奴もいた。

しかし、この手の補助金乞食サークルが、コスト・センターになり、回り回って、

俺たちのキツイ労働条件になっている、と言う噂もあり、どうなのか。

コレで全員が乞食サークルに潜り込もうと考えたら、それはそれで日本崩壊するで。


正人は、援交オヤジから、たまに小銭を巻き上げたりするものの、

そんな金があったら俺に女を買えよ、とは放言できないから、黙って負け犬をやるしかない。

姉貴に風俗でも行けば、などと言われるのはチンケなプライドが許せない。

風俗、いいんだけど、別に。

もちろん、身バレは嫌だから、知らないところで行くのが吉。知らないところって、どこだよ。それはそれでボッタクリが怖いやん。

 

 

 

「理子さんのところのお兄さん、綺麗なギャル連れてるやん。紹介して」

ハア、もうこの手の汚い奴は俺は大嫌いなんだよ。

お前がお前でナンパしろ。バーカ。お前のスペックじゃ撃沈だ。

良介は、キッカケは、偽装結婚かも知れないが、都市銀行に就職できるだけの、デキル奴っぽさはあった。

帰り際に、一度会っただけなんだけど。