どうでもいい

連絡先ninjaid2000あっとまーくgmail.com

curve  ball5

 


「ああ、俺、戦争行きたくないんだけど」

「チンカスか。イスラムのクソどもは、あんなに死にたがっているだろう。

アメリカには死にたくないと思うだけの富と自由があるだろう。

その自由は祖先が死にもの狂いで勝ち取ったものだ」

「ハアだけど今は21世紀ですよ」

「その21世紀がこのザマなんだよ、お前はメクラか」

アバウトに言って21世紀は、911で幕を開けた。

除幕式をしたのはアラブ出身の悪魔、テロリストという人種は、これまでそこまで注目されていなかった。ソ連が消えて、しばらく敵の座は空白だった。

「そう、戦争なんかマッピラ、戦争なんかマッピラだ。俺たちがそう思っている限り、この戦は永遠に勝てない。

合衆国の幸せは、テロリストに吹き飛ばされてお終いだ」

「コイツがアルカイダとウンコの合成画像を投稿したら、向こうのハッカーに場所特定されたらしいですね」

「お前はアルカイダの殺すリストに入ってるよ」

「ケーブルテレビで景気のいい戦争映画を見よう。

イラクベトナムのやつは禁止にしないか。第二次世界大戦なんかがいい。でもプライベート・ライアンシン・レッド・ラインは止めよう」

 

 


「なあ、ずいぶんプヨプヨした奴らだよ。あんな豚殺して楽しいか」

「だけどアレが一応俺たちの敵なんだろ」

「敵なんていったら、CIAとか何とか言う奴に決まってるだろ。ずっと俺たちに鉄の鎖をはめてきた」

「じゃあお前CIAの奴狙ってこいよ」

「無理難題を言うのがお前の趣味か?弱いところを狙うのが、俺たち最弱にして最強の戦略だよ」

「CIA殺したくないか」

「あいつら、俺たちに戦い方を教えた、マゾだぜ。また何かやらかしてくれるかもしれないよ」

「さすがにそれは無いよ。一度、道端で1万円札を拾ったからと言って、もう一度拾えると思って近隣をウロつく奴はバカだよ」