グローバル・ラノベと政治同人誌だよ。

ポリシー:ちきう上からポコラーを絶滅しよう。嫌がらせノー、駄目、絶対。

Spaghetti code5


鳩は檻の中から、人目を忍んで話しかけてみる。

人民さん、人民さん、何か困っていることはありませんか。

コラッ。人民に扮した、お目付け役が飛んできた。

いいじゃん、AIIBのメンバーで終えておけよ。人はそれぞれ、持って生まれた天の星ってもんがある。

高い空の彼方から、亡くなった弟の声が聞こえた。

子供の頃から、俺は政治家になるよ、お前はパシリな、なんて言いふらして回っていた、天性の政治家だった。

パシリって、僕の方が兄なのに。

だけどやっぱり僕は、このザマだ。

鳩弟は、ママにブリチストン株を貰わなかったからと言って、メディアに、アイツは黒い鳩、俺は白い鳩、などと放言したとか。

人民広場の鳩は、灰色だ。ほとんどの鳩は、灰色だ。たまに白い鳩が混じっていると、アレは弟かな、なんて。黒い鳩は、いない。

鳩兄のことは、白いとか黒いとかいろいろなことを言う人がいるけど、政界で生きているとそれはしばしば本人にすら分からなくなった。政界は、人外魔境だ。

 

 

 

 

中国の人民を刺激する情報を遮断するソフト、金盾。ペアレンタル・コントロールみたいな感じ。

子供に有害情報を見せてはいけません。

が、人民をクソガキ扱いした代償は、それなりにあった。

グーグル検索しても、中国当局チベット政策の正当性を示す情報は無い。

インドのチベット亡命政府のサイトが、検索順位のトップにあり、いかにダライ・ラマ14世が、世界の要人と交流しているかの情報が次々に続く。

当局の大規模な迫害を受けた、法輪功大紀元日報なども、似た状態になっていた。

「グーグルが公正とか、とんでもないッスよね」

高宮はチンカス・ライター2に、探りを入れる

いいかげん、名前くらい聞いとけ。でも、変な奴だったら困るし。

アイツがあんなこと言ってましたよ、なんて幹部連中の耳に入ったり、放火系ライターに延焼したり。

怖い怖い。お互い警戒心が高い。

「みんなコレ使ってるし、仕方がないじゃん。CNNとかと同じだと思えば」

「でも中国人は違う」

「日本はグーグルを追い出さなくてよかったですよ。総務省のチンカス・プロジェクトは潰れてよかった」

「世界の感覚と、どんどんズレていくからね。生存にかかわるよ」

この手の現象は、アジアで珍しくない。

ナチスの墓だと思われている靖国神社が、日本人にとっては、神聖な兵士の犠牲を悼む施設として、現役政治家を含む多くの参拝客を集めていたり。

韓国が海外に増やしている慰安婦像が、不気味で通行の邪魔と迷惑がられていたり。

「日本人は英語やらないから、いろいろ死んでるよ」

「英語はインテリよりバカがやった方が良いよ。こういうの大概、バカがやってバカが読む世界だから」

「アジア人のバカの脳内が英語圏に漏れていくのは、マズくない」

この手のゴミ仕事は、グローバルに活躍するエリートはまずやらない。

5毛と言われる書き込み1行1円くらいで雇われる工作員がやった。

プロの宣伝屋の作った良くできたプロパガンダを、チラシ撒きみたいな要領で、人海戦術で張っていく。

どこにも就職先を見いだせない、底辺人種の最後の希望。

いずれにしろ、東アジアの右翼活動みたいな、下らない事に興味を示す外人が少ないから、どうでもいいのかもしれないが。

彼らはチンクとジャップの違いも分からないし、内輪もめ、大いに結構、F22(戦闘機)なんか購入してれたら、さらに結構。

人の領土につまらん政治を持ち込む猿は、猿の檻から出てこないでネ。コレが大多数の見解らしい。