グローバル・ラノベと政治同人誌だよ。

ポリシー:ちきう上からポコラーを絶滅しよう。嫌がらせノー、駄目、絶対。

Spaghetti code13


何かとキナ臭い尖閣付近をパトロールしつつウロついていた海上巡視船は、正体不明の念波をキャッチした。

「ODAで富が海外へ流出するのは、左翼のせいです。

欧米の左翼は、国連NPOとの連携が盛んです。

そういうのをほとんど、ODAなどの国費でやってる日本が、変なんです。

それもこれも、日本の左翼がタカリしかやらないからです。

欧米の左翼は、海外で自前で稼ぐ能力があります。持ち出しがあっても、リターンで、コネや影響力を手に入れます。

それで世界政府の陰謀とか、ネオナチに言われているのが、向こうの左翼です」

「日本が敗戦国だと、身に染みてわかっているのが左翼だよ。

右翼の調子ッコキの代わりに、アジアに焼き土下座をしてやってる、だから日本は二度と原爆を落とされない。

もう少し感謝されても良い」

「そんな負け犬根性は、日本人を絶望させるだけですよ。その姿勢が、アナタの嫌いなベーア政権を生んだ。

アナタは、言うならば、ベーアの生みの親ですよ。一蓮托生ってやつです。ベーアに文句をつけて、国会に生息場所を確保している、退屈なヤラセです」

 

 

これが、農民たちの貰った金饅頭です。こうして札束で顔を叩いて、黙らして不正を抑え込むのが、党の抜きがたい体質です。

チョウは言を翻した。

望ましくない事態だ。

チョウは某外資からオファーを貰っていた。

土壇場で言を翻したら、スターとしてあなたを雇うと。あなたは世界でスターになる。独善的な党の鼻を明かした大物として。

この裁判は、茶番だ。茶番にして、奇跡だった。

たまに大捕りものをして、庶民の気を逸らし、汚職の発生する構造は自体は、一向に改まらない。そのバリエーションの1つに過ぎない。


党は、この状態が、全ての人が望んでいる、予定調和だと思っていた。

世界は中国を奴隷にして、ラクをしている。奴隷は昔より少し豊かになる。

奴隷は大人しく奴隷をし、他の市民に文句をタレないし、易姓革命をやろうとも目論まない。

中国もいいかげん、殺人集団とか海外から叩かれることのリスクを痛感していた。この裁判は、綱紀粛正を進める党の宣伝になると思っていた。

が、外資の野心は一歩先を行っていた。中国の裁判制度を、民主化せよ。あわよくば、欧米の法制度を採り入れ、ルールの主導権を握ろう。

そんなことはありえないが、わずかながら開いたドアの先に足を突っ込んでおくことは大事だ。

穏当な進行期待していた人たちから、ブーイングが飛んだ。

お前はこの奇跡を、台無しにするつもりか。

逆にヌルイと感じていた客層から、喝采が起こった。

 

 

外から中国のマズイ点は腐るほど指摘できる、たとえ自分みたいな素人でも。

現に、高宮の隣の通訳は、「だいたいお前、中国のチンカス・ブロガーと同じ臭いがする。この独裁下で、筆、1つで、何かが変わると思ってるの」っていう顔を、していた。

明治からこの方ずっと、大言壮語が蔓延っていた。

そういう大陸の地政学的ドス黒さを敏感に感じ取り、ハナから手を切れという、福沢諭吉辺りに端を発する、右翼も根強いが、それも現行のパワーバランスの中では、アメリカに梯子を外されたら終了だ。

日本が2000年ほど、独立を保ってきたというのは、というのは、戯言だ。

天皇一族自体が、中国大陸からの亡命者だし、明治維新までの日本列島はずっと朝貢国として、地味に存在を許されたに過ぎない。

面倒くさいし、資源も何も無いから、温情で、支配しない。

太古から、何から何まで中国に習っておいて、GHQもクソもない。むしろGHQの強烈版だ。

日本が貿易立国をすると、周辺国と、コンフリクトが発生した。

貿易をしなければ、扶養可能人口3000万の、子消し姥捨てありの、最貧国家に転落した。

「死刑宣告を受けた、志の低い日本猿はもうお終いです。

日本列島は、エリート華僑にお譲りします。香港やシンガポールみたいに盛り上げて下さい。人種が入れ替わろうが、日本は日本です。ここは神風の吹くパワー・スポットです」

なんて書いたら、殺されるな。他人にタチ悪いとか言った義理ではない。

死刑宣告を受けた劣等人種が、生き残りを模索する、とか、それはそれで、やりがいのあるハイレベルなゲームと言えないことも無いが、国会で鼻毛を抜いている爺連中には無理だし、受験勉強で消耗してる、高性能のヘッポコにも無理だ。