グローバル・ラノベと政治同人誌だよ。

ポリシー:ちきう上からポコラーを絶滅しよう。嫌がらせノー、駄目、絶対。

原発難民だよ、全員集合7


牧原たちには、身の回りの世話をする女性がいた。
黒づくめのブルカの女性。

寝袋の出し入れ、着替えや食事の用意をした。

牧原は彼女たちに手を出したことは無いが、

野崎は相手の方から襲われたと言っていた。

野崎はついに頭がおかしくなって、虚言を始めたのか。

ある日、牧原は3人ほどの女性に袖を引っ張られて、何かを話しかけられ、困って通訳に聞いた。

「自分を日本に連れて買って欲しいって言ってます」
「ええマジ?でも、そういうことを、通訳して良いんですか?

後ろのお兄さんとか怒らないですか」
「もちろん、金は払ってもらうんだけど」

「例えばいくら」
「100万くらい」
「1人100万?安!」
「奴隷はダブついてるから」
「それって、ただ誘拐してるだけじゃないですか、一般人を」
「そうだよ。あの辺には、難民が腐るほどいる。とっつかまえて連れてくるのは難しくない」
「いつか地元に帰るつもりはないんですか」
通訳が仲介した。
「私は父と兄が撃ち殺されるのを見た。私たちの故郷はもう終わり」

 

 

そのとき、かつて原子力工学を専攻していた野崎たちが、

「オワコンの技術にしがみつかない為の秘訣」

という、どうでも良い感じの勉強会に参加して、3時間ほどが経っていた。

311以降、東大の原子力工学の学科は、時事に敏い受験生への目くらましで、環境工学とか、量子力学なんとか、みたいな怪しい名前に、次々に鞍替えしたが、

それでも人があまり集まらないので、先行きが不明だった。OBは涙目だ。

「それだったら、中国やイスラエルの核技術は、特殊な発展をしているか、ってことなんですよ」

通産省とかが、やってる、変な仕様は、何で失敗率が高いんですかね?もんじゅとか。

世界の専門家に、チェックしてもらってないから?」

「オワコン、オワコンって、そんなにバカにできないと、僕は思いますけど。

だったら警察官は、拳銃じゃなくて、

小型機関銃とか、レーザーガンとか持ってるはずじゃないですか」

「撃つと一瞬で刑務所に転送して、手間を省いてくれたりとか」

「警察の銃は、どこかの工場で一括して作ってるんだっけ。ニューナンブ王国とか」

「僕たちのやってる、実験は、100回やって諦めなくて、101回目に成功するみたいのが、普通じゃないですか」

「困るのは、それが詐欺と区別がつかないってことなんだよ。100回やって上手くいかないことは、1万回やっても上手くいかないかもしれない。そのあいだに、僕たちは死んでるかもしれない」

 

 

電力不足で、値上げが始まってしばらくたつ。

フランスの国会は、ドイツに送電しない派と、送電する派に割れた。

パリの料理屋で、グランゼコールのOBが、国会質疑の台本を練っていた。

「少しくらいこっちが貧窮しても、ドイツに送電しておいた方がいいじゃないですか。

ドイツは、せっぱつまったら、量子力学高速増殖炉とか絶対すごいの作ってきますよ。

彼らは腐ってもナチスの末裔だし、技術力では他の追随を許さないですよ」

「逆にフランスの原子力技術がヤバイってこと?」

「最近、あんまりサエないですよ。買収話が出たり」

「むしろ、量子力学高速増殖炉ですか?作ってもらったほうが良いじゃないですか。量子力学で核廃棄物なら出なかったりして、知らないけど。

ヨーロッパがエネルギーで不安定にならずにすむし、資源国へ介入しなくても済むようになります。

今更フランスとドイツが戦争を起こすと思う人は、世の中に存在しない」

「そう、パンがなければケーキを食べればいいんだしね」