どうでもいい

言及先、リンク先と私には関係がありません。 結果的に関係が生じても責任を持ちませんが、そこまで影響力がないんで気にしないで下さい。

エルサレムの子供店長4


ユダヤ人から、まともに働いてない疑惑を突き付けられたのは、パレスチナ側だった。

かつては入植者が攻めてくるから、という名目だったんだが、元々アラブ人は勤勉ではないほうだろう。

それに、戦闘意欲の塊みたいなユダヤ人と比べられては、誰だって立つ瀬がない。

パレスチナ人は店長とか、どうでもよかった。モスクに店長なんかいない。アラーと法学者がいれば良い、そういう世界ではなかったのか。

 

アラーと法学者なんかいないから、こうなってるんじゃないのか。

彼らは辺りを見回した。穴だらけの壁、無傷のまま埃をかぶっている壁。

掃除をしている最中に撃たれたら嫌だろ?と思えば、もう誰も掃除なんかしないだろ。

こうコンクリートを貫く銃なんて作ってくるのがイスラエル軍だ。

 

 

パレスチナ人は長らく戦闘下に置かれ、一般的なアラブ人と呼べるかは不明な状態だった。

アラブとイスラエルの、ハイブリットな人種。

勝てないことの無念が、勤労意欲につながるケースは多い。アメリカは祖国を追い出された負け犬が作った国だし、日本は敗戦後に最も経済成長した。

パレスチナ人2は、「ってなもんや」という顔をして同僚を見まわした。

余計なウンチクは垂れたくないんだけどね、っていう。

私は小賢しくないんです。みなさんそんなこと、ご存じだろうから。


「アラブの王族って、どういう教育してるんですか」

「欧米の名門校に留学させて、豹を飼って鷹狩りやったり。金はスイス銀行辺りに隠す」

「随分、金がかかるな。どこから調達したらいいんだよ。ムスリム喜捨って、そういう用途に使っていいのか」

「別に王族じゃないから、子供店長は。あくまで平民と同じ額で、モデルをやるんだよ」

「だから変えてもいいっていうルールなんだ。確かに店長の首のすげ替えは自由だよ。息子じゃないから」

パレスチナ人たちは吹き出しそうになったが、笑っていいところなのか悪いところなのかよく分からなかった。

お前は息子の首を挿げ替えたいのか。そんなことないだろ。子供が、こうなってくれないからクビだ、なんてことはない。

偶像崇拝禁止には当たらないのか」

「ここはイスラエルだから、いいんだろ。

俺たちはどれだけ弾圧されても、アラブ各国に散ろうとは、決してしなかった。

同じアラブ人と暮らしたほうが幸せだとは考えなかった。

ユダヤ人の隣に住もうと言って聞かなかった。

理由は不明だが、とにかくここにアイデンティティがあるんだよ」

 

 

「平凡な人連れてきた方がいいんじゃないですか。ユダヤ人って、あんまり頭いい人連れてくると、それ自体が企業秘密ですよ。

バレたらヤバいレベル。

勤勉な鍛冶屋とか、小物問屋とか、そういうのでいいんですよ」

「だから、ユダヤ人は、セコイとかズルイとか陰謀説が途切れないんじゃ?」

ドラクエの通行人Aです、みたいな顔をしてればいいんだよ。鍛冶屋とか小物問屋だよ。いつでも客人のお力になります。まず、ゾーマとか魔王とか思われてはいけない」


ユダヤ人は、ウェーバープロテスタントって区分けされた時点で死んでたんですか。どうしてプロテスタントだけなんですか。

何で彼は、プロテスタントユダヤの勤勉と言ってくれなかったんですか。勤勉さではどっちもどっちじゃないですか」

ユダヤの勤勉さはセコイんじゃないですか。こと金融については、恨み言を言う人が多い。クリスチャン連中は、自分で金融を不浄扱いして押し付けておいて、変な言分だよ。

クリスチャンとユダヤ教徒では、当時の欧州で、許された職種が違うから」

金融について。金融について。金融についてか。

未だに世界はそんなことでモメている。それはそうだろう、

資本主義の血液は金なんだから。


「お前はホロコーストが起きた世界と、ホロコーストが起きなかった世界と、どっちに住みたい」

ユダヤ人は、被害者商法とかやってないでしょ」

「いや、やってるでしょ」

「だけどホロコーストなしでイスラエルが存続していたかは謎ですよ。

当時のイギリスが気まぐれに作った、アラブ人居住区の植民地ですから。

南アフリカの白人みたいになっても不思議じゃなかった」

かつて欧州の貧乏人はよく遠征して植民した。すごい根性だ。アメリカやオーストラリア、南アフリカはそのうちの1つだ。

そのうち主権を黒人に譲ると、白人は地主をやっていた農場を荒らされたり、電流付きのフェンスで囲ってデカい家に籠城するハメになった。

積年の恨みは容易く晴れない。

イスラエルは、現に南アみたいになってないか。

周辺のアラブ諸国が内乱してくれてるのが勿怪の幸いだ。これもアメリカの介入がなければ、怪しいもんだよ」

一同は少し、白けた顔になった。

そんなこといちいち、言わなくちゃわからないのか。コイツは、暗黙の了解ってモンを知らないのか。

ハア、ソレは、ただの自助努力だろ。