グローバル・ラノベと政治同人誌だよ。

ポリシー:ちきう上からポコラーを絶滅しよう。嫌がらせノー、駄目、絶対。

ウチナンチュ2


胡散臭いシーザーに触って回ったり、2人は出稼ぎには安くない旅行料金を払ってここへ来た。

シーザーは触りたくなるオーラを出していた。運が上がりそう。何の運かは不明だ。女運か、金運か。

「この楽園がゲバってるなんて信じられないよ。海も青ければ空も青い」

「ブルー・オーシャンか。福島の空は灰色だ」

「だがこの海は、沖縄人の血に染まったことがあるよ。雪崩れ込む日本軍に、米軍。グアムやサイパンと同じだ。それを見たら、きっと悲しくなる、俺はまだ沖縄戦の資料館とかに行く心の準備は出来ないよ」

尾長は、南国の砂浜で、トドみたいに寝ていてた。一方鹿島は座り込み、砂の中から貝を見つけようと試みていた。

福島の仮設住宅でトドみたいに寝ているより良い。

「そう、グアムに来たのと同じだよ」

「じゃあ米軍基地でも見に行く?」

休みを取っても、地元に帰る気がしない。震災後の福島は、変な雰囲気になった。帰っても、風評被害がどうのというグチを聞くか、逆に全くのキレイゴトを言われるだけだ。

「今日はデモやってるのか。官製ヤクザとか土人とか怒鳴りあってるの」

プロ市民は、311後の福島に欠かせない風物詩になった。一方、福1原発周辺は怖い人が囲んでいた。他人事とは思えない。

「そんなの、ユーチューブで見れるじゃん。見に行ったって面白いことないよ。

一方的に主張をまくしたてる猿しかいない。

聞き込みしたって、話が面白い相手じゃない。

だから新聞にはゲバったゲバったとしか、書いてないんだよ」

尾長の旅行のパートナー鹿島は、福島人らしい偏見に満ちた放言を吐いた。だって福島のプロ市民は、その手合いだ。

「福島は放射能が何ベクレルとか、科学的根拠すら不明だよ。誰が何の根拠を以て、何を言ってるのか分からない」

 

 

 

砂浜から上がった2人は、安コテージで変なサワーを飲んでいた。ベースは日本酒じゃなくて、泡盛か何か。

「俺は広島より沖縄の方が、スピリッツを感じるんだけど」

「どっちだって同じだろ。お前は、悲惨な奴を見ると満足する性質か?」

「原爆はどうしようもない、まず勝てない。ハナから、やる気がなくなるだろ。

沖縄は、抵抗すれば何とかなった気がする」

「しないよ。原爆一発か、長くかけて占領されるかの違いだろ」
「そういう会話、左翼と勘違いされるから、止めた方が良いだろ」

「俺が左翼だったら補助金下さいとかいって、福島で寝てるよ。たまにカメラの前で鼻血出したり」

「鼻血ってどうやって出すの?」
「エロ本でも読めば?」
「出ないだろ。出たことないし」
「醤油とか飲めば?」
「血圧が上がるだけだから。死ぬし」

生産性の無い会話はクセになる。が、偶然が、駄弁を止めた。

「沖縄はスピリッツ感じるの?」
「エッ」

尾長たちは、隣のテーブルの人に話しかけられた。

「ソレ、シーザーとか見て、誤魔化されてるだけじゃないですか」

「いえ、うちの地元と比べてってことで、ただの感想ッスから」

2人は狼狽した。沖縄の地元の人か。どうしよう、気に障ったのか。

旅行先でそそうはしたくない。

 

 

 

役人1は、靖国は頭のおかしいナチスの集まりだという、国際メディアの記事を見ていた。

地方役場のココは観光課ってことで、国際メディアをチェックするのが日課だ。

「軍人のコスプレくらい、どこだってやってるよ。サバゲー・オタクは、イーベイかどこかで、海外の軍服を買って着て来ることがある。

俺だったら、日本軍にはこだわらない。

ふんなら人民解放軍のコスプレもナチスのコスプレもありだよ」

「日本軍オタクに、リンチされるだろ」

靖国ナチスが来たら、ファンダムができるよ。世界中の右翼は結局、アンチ・ユダヤで、ナチスが好きなんだよ」

「松岡外相じゃないんだよ。ソレ、片思いだから」

「ネオナチの誘致か、嫌なファンダムだよ。

だけど、ソレはソレで活路かもしれない。何の活路かしらないけど」

「白人票の一種だろ。持っておいても、損はしない。

負けても、当時のファッションこだわる自由だよ、あくまでフィクションで」

「そう、ファッションで澄ませば、いちいちキレられなくて済む。

ドイツは焼き土下座に成功してる、その土下座ブランドに便乗するんだよ。

宣言すればいい、日本はドイツと同じだって。永久に蒸し返しを止める気配がない、東アジアの連中を黙らせるには、ソレしかない」

「だけど、ネオナチに好かれても損するだろ。ネオナチの頭は腐ってるよ」

「ただの客なんだから、良いよ。頭の中身まで模倣しなければいい。

それに白人とイエローの地位の違いが一目瞭然だから、日本猿には、良いお勉強になるよ。

むしろネオナチが靖国に客としてくれたら、コレはありがたいよ。もう松岡みたいに、ドイツをストーカーしなくてすむし」

「日本人は白人と同類です、なんてカンチガイしちゃうバカが出るだろ」

「どっちなんだよ」