金の総量に唐突な変化が起きると

 

大阪はビジネス都市とか言われ始めたのは、海外でいうスラムクリーニングに近いですか?

東京が一部、外資とかに買い占められたりしているから?

一極集中で、東京に集まっていたお金が、各地へ、関西方面へ。

地域別GDPってないのか。

あとドヤにいた労働者は年をとったので、そのままゴロゴロでもするしかないのか。

 

 

今の土地バブルはこうらしい

d.hatena.ne.jp

 

「大蔵省が総量規制をしなければ、バブルは潰れなかった」が経済人がよくいうことです。

総量規制 - Wikipedia

プラザ合意→何か→ペレストロイカとか→改革開放→ブラックマンデー→?

輸出で急速に成長して、国内の開発経済に力を入れていた中国も、日本のバブル崩壊を研究していたらしい。

 

プラザ合意後に唐突に現金が有り余った日本は、違うもの買いあさって、

不良債権問題にしたくなかったら、ハナから土地まわさんかったらよかったねん、て逆ですか。

サハリン2とか、エンパイヤーステットビルはダメなんで、なら何なのとか。

ブランドバック

事業は失敗しても副産物はあったのかも?

 

ニクソン・ショックって誰がつくったか忘れた、ニクソンなのか。 

ニクソン・ショック - Google 検索

前月の中国訪問の電撃発表ショックとあわせて、外交と経済の分野で、それまでには無かった新しい基軸でアメリカは動くことを内外に示したことになった。アメリカがソ連と中国との緊張緩和を図ろうとしたのは欧州やアジアの双方で封じ込め政策を遂行していくための費用をもはや負担しきれないことを認めたからである。ニクソンドクトリン、沖縄返還、戦略兵器削減、ベトナム戦争停止、輸入制限、新経済政策などは、いずれもアメリカが相対的衰退の時代に入り、アジアでの軍事的関与を削減するに際して「秩序ある移行」を確実にするためであった[24]

ディープスロート - Google 検索

こう、変革期にはいろいろあるのか。

彼は昔から(2000年頃?)クルーグマン押しだった。

cruel.hatenablog.com

こんなものまで見つけてしまった。

wired.jp

 

 

 

ハッシーの隣の「質」っていう看板ビルの下にいる無表情の人が笑う。


「(子供が公園を使えないレベルの密度で)大阪の公園にいるオジサン」ってどういうオジサン?

 

ホームレスの人が寝泊まりしているのか、

変な取引をしている危ないオジサンなのか?

 

地元の公園にオジサンはいない、

ゲートボールは見たことがあるけど、毎日ではない。
ホームレスは、河原か地下道に寝ています。

 

大阪の人はその辺に出てくのに躊躇しないのか。

たくましい。

外人っぽいのか。