グローバル・ラノベと政治同人誌だよ。

人に見られたくない話はninjaid2000@gmail.com

例え愛が終わっても、後悔しない結婚と周辺法律(一例)

私は家族法の条文や解釈、運用を知らんで、間違っていたら指摘歓迎です。

ninjaid2000.hatenadiary.com

toyokeizai.net

>グーグル検索トップの離婚塾って、炎上画像がすごいです(2017年06月現在)、憎憎憎、って感じですが、

www.rikon-juku.net

この離婚サイトの炎上フラッグは、相手をディスることが、自分の有利な別れ方になるんで、当事者同士は、ハタ目、憎しみ合っているように見えても、冷めていたり、ってのはありそうです。既に冷めているから離婚するんだと思う。

現場で皿を投げたりしているうちは離婚しない?

how2-inc.com

 

とりあえず藤沢さんがこの本で明かした、相手の家荒らしは不可能だが、結婚生活は共同作業だから、結婚期間中にで稼ぎ出した資産が均等に分与される、というのは感心しました。

フェミニストの大家、上野千鶴子のいった結婚は固定売春で、家事を市場換算したら、コトによると夫の給料より高い、という概念と一致しています。

この本を見ると、日本の結婚は、法律的にはきれいです。

 

自衛隊VS在日米軍なるタブーなき面白質問で盛り上がるヤフー知恵袋も、このジャンルは駄目のようです。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

qa.itmedia.co.jp

 

 

理論のできるフェミニストに書いてもらうしかないですが、誰が書いていたか忘れました。コレとか?

ch.nicovideo.jp

結婚における力関係は、力仕事しかなく男性しか稼げない状態、とか、産業動向に左右されるんで、今の日本でいえば、老人が多過ぎて結婚市場に歪みを及ぼしている、とかです。

 

フェミニズムの文脈でいえば、失業した男性は放っておいてもらえるけど、失業した女性は、望まない結婚=客を固定した売春へ、無理やり押し込まれることがあり、

戦中の徴兵と同じで、能力者が身体の自由を奪われ、スカです。

最近の先進国(一部)の徴兵は男女平等が多いです 。

ninjaid2000.hatenablog.com

 

日本国憲法第24条 - Wikipedia

第二十四条婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。[1]配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

 

明治憲法家族法は、不公平みたいです。

工業の勃興期で国家総動員体制で、男は工場か戦場で死ね、女は家で死ね、という状態だと思います。

http://cyberlawschool.jp/kagayama/CivilLaw/FamilyLaw/lecture2005/01_2family_civcode.html

性別と世代の区別と長子相続権とに立脚した階層制度が家庭生活の根幹になっている

戦前の日本の家庭で以上のような躾が厳格に行われていた真の意味は,明治31年(1898年)民法に,以下のように,家督相続の順位として,明文で規定されていた。

 

togetter.com

 

226軍国主義化への圧力)の遠因は、食いはぐれた次男坊、三男坊ですが、

空軍の生き残りのカリスマも、田んぼを相続できないのが理由で飛行機乗りになったそうです。本のタイトルを忘れました。

 

二・二六事件 - Wikipedia

陸軍内の派閥の一つである皇道派の影響を受けた一部青年将校ら(陸軍幼年学校旧制中学校から陸軍士官学校に進み任官した、20歳代の隊附の現役大尉中尉少尉達)は、かねてから「昭和維新・尊皇討奸」をスローガンに、武力を以て元老重臣を殺害すれば、天皇親政が実現し、彼らが政治腐敗と考える政財界の様々な現象や、農村の困窮が収束すると考えていた。

 

政治コーナー、私は憲法9条はどっちでもいいが(自衛隊幹部の文章に、どっちでも運用できますって書いてありました)、今の家族法を保守派です。

憲法24条を大切にしよう

自民党憲法改正

 「家族は、社会の自然かつ基礎的な単位として、尊重される。家族は、互いに助け合わなければならない」。これを憲法24条の第1項として新設しようというのが、自民党憲法改正案です。2010年国勢調査の速報値によれば、1人暮らし世帯が全世帯の31.2%と最多となり、夫婦と子から成る世帯は28.7%にまで下がっています。このような現実の変化があるのに、個人ではなく、家族を社会の基礎的な単位として位置づけるのはなぜなのでしょう。私たちは学校、勤務先、地域、趣味のグループなどでお互いに助け合って暮らしています。なぜ家族だけ、憲法で助け合いを義務づけられるのでしょう。そもそも現在の24条では何か不十分なことがあるのでしょうか。

 >こういうセット改憲は迷惑です。 

ninjaid2000.hatenablog.com

 

なんで現行の見た目の法律はキレイなんだが、ダメ・プレイヤーが多いです。

>こういう連中です。

ninjaid2000.hatenablog.com

1、他人を家制度の人身御供化して、政略結婚させ、当事者間に愛が無いんで、家の空気が荒れるというか、子供がマトモに育たなかったり、地域から逃げていく。

2.ロマンチック・ラブ・イデロギーの人が好き嫌いで、すぐ他人の下半身のスキャンダルで吹き上がり、世論が荒れたり、結婚のイメージが落ちてしまう。

 

 

こうした家制度の弊害へのアンチテーゼが、個人の権利を保証した、近代の法律のよいところだと思いました。

なんで、上記、変な憲法改正の臭いもあるし、財産分与=慰謝料とか、間違った概念が横行してほしくないです。

 

よくDVをデッチアゲたり浮気させて相手に有責事由を付けて金をむしり取るなんていうフィクションがありますが、どうせ慰謝料は100万です。

別れたいのに離婚して貰えない人がいたら、延々とイヤガラセをすれば、向うも折れるでしょう。どっちが悪かろうと、悪い方が100万払うだけです。

>一応、藤沢さんが正しい保証はないから、プロへ聞いてくれ?(一例)

www.adire-isharyou.jp

 

離婚に合意してくれないとキツイのは聞いたことがあって、コレは離婚しても仕方ない、と裁判官に思われるレベルの、相手の有責事由を鵜の目鷹の目で探すみたいな駆け引きはあるようです。

稼がない方が、この金づるは離さん、みたいになってる状態か。

 

藤沢さんの本には、10年別居しないと離婚できないと書いてあり、ここが分かりません。

この規定自体は、子女の職場が少なかった頃の、保護目的とは思います。

現実には稼ぎ手が破たんして、全員売り飛ばされたりってのはあるようです。

 

なんで人々の無力化は反対です、生活がどうなっても立て直せる逞しさは、男女のどちらにも必要です。またそうした、経済的に、どうしようもない事情を無視した、家系信仰など反対です。

ninjaid2000.hatenadiary.com