グローバル・ラノベと政治同人誌だよ。

人に見られたくない話はninjaid2000@gmail.com

ホワイト・ファミリーが増えて欲しいのよねん。

>新しい恋愛工学?

面白いコンテンツがあると、ついリンクをはってしまうんは、駄目なんか?

www.anniversaire.co.jp

www.anniversaire.co.jp

 

 

で、家制度って、まだ悪用されてると思います、コレとか。

ninjaid2000.hatenablog.com

 

ヘッポコ家庭や荒廃地区へ産まれ生存スキルを身に着けられなかった貧困子弟が、人身売買にあい、就活スキルが無いため、虐待の蔓延る嫁ぎ先の家から出ていけないので、ノースキルのまま酷使されて、一生奴隷(最低賃金も無し)という状態が、発生します。

 

 

貧困者がネットワークを持っていれば、この家は虐待の温床だから行くな、という情報は共有できます。

 家持サイドだって、行きたくない人は、欲しくないし、行きたい人が、欲しい、双方のメリットです。

ninjaid2000.hatenadiary.com

また、上の法律では、嫁婿から、家の財産は奪い取れないんで、突撃型、家荒らしは不可能です。

この近代法バランス感覚は素晴らしくないか。

 

またどちらも賢いケース、嫁婿と家サイド(老人へ偏っている資産)が、互いに互いの操縦の上手いウィン=ウィン取引者だったら、相互に幸せです。

この最適解へ持っていくには、偵察やノウハウの共有や情報交換が欠かせません。

 

私は家制度が嫌いなんで(神経が細いマイペースだし、他人の家ではストレスで発狂しそう)、こういうモデルのほうを支援してます。

ninjaid2000.hatenadiary.com

だいたい伸びない奴隷より、潜在能力のあるエリートのほうが、ホワイト・ファミリーは、欲しい人材です。

 

奴隷が欲しいなら、ハローワーク経由でいいです、最低賃金とか、労働者保護のルールがあります。

そのハコを利用したエリートの間で、こいつはいい大家だよ、という評判が広がれば、大家は宿屋として収益が上がり、ポジティブ・フィードバックです。

 

また、近所で飛来型エリートに胸キュンした暇人は、ハニトラでも掛けてみればどうか。

コレを金主(親)の圧力でやるのは、私は嫌いです。

 当人たちが好きあってないのに、畜産みたいで無理筋です。

 

どのみち、子供の生育費用は、相手の実家もちなんで、再起動中の収入の安定しないエリートの負担にならんです。

 

彼(藤沢さん)は、出産の女性サイドの重労働を換算したら、1000万くらいするよ、という点はスルーしてます。

コレ(出産と子育ての費用)を近代法はフォローできてない。

彼は、旦那サイドが誰が本当の子供の父親か確認できないんで男性不利とすり替えているが、DNA検査で判定可能です。

news.livedoor.com

で、婚姻契約は、子供のDNAが判定可能なことに対応してないよ、って書いてあります。

昔は、離婚後の女性は300日結婚しない、みたいなアバウト規定でした。

www.bengo4.com

 

パートナーを24時間追いかけ回すのは(昔の家制度だって、義父が嫁を犯したり、おぞましい話はいくらでもあります)、他人が心の奥底で何を考えているのかを知るのと同じくらい、大変です。

 

クリスチャンは、聖母マリアの子供は神の子でいいじゃん、というアクロバットを考えたようで(推測)、ただコレ、浮気とレイプのどっちでも通用する、医療技術や法律の未整備な、当時のザルな社会では仕方ない妥協案と思います。

民族宗教ユダヤ教と違い、仏教キリスト教はグローバルなモデルですが、ソレとコレとの関係は知らん。

 

 

出産と育児の負担は公共領域(学校があるし、また、近所、友達に頼むとか)で、結婚のシナジー効果の方は、恋愛とセックス、1:1だから、

私的領域、っていうのが良いんでないかな?と思いますが、だけどコレが家族法って名前なのが、ややこしいです。

それはもちろん、相続があるからですが、財産は相続税で、大方蒸発するから、

相続するのは、NDAと文化、無形文化財みたいなもんでないか?

土地はあるにこしたことはないけど、空き家は今、余っているし、インターネットで地理的制約は薄れています。

 

家族法 - Wikipedia

家族法(かぞくほう)とは、民法(明治29年法律第89号)の第4編「親族」と第5編「相続」を合わせた講学上の用語であり[1]親族法相続法上位概念である。身分法ということもある。

英語の「family law」やドイツ語の「Familienrecht」等も直訳すれば「家族法」であり、実際これらに相当する意味で使われることもあるが、これらはむしろ上記の親族法に近い概念であり、用法が異なる。

www.melbourne.au.emb-japan.go.jp

 

 

相続税・贈与税|税目別に調べる|国税庁

相続税 - Wikipedia

1905年(明治38年)4月より、日露戦争の戦費調達のため相続税が導入された。相続税の租税収入全体に占める 割合は比較的大きかった。

シャウプ勧告と1951年の税制改革[編集]

シャウプ勧告では、財閥等への富の集中を防ぐため最高税率を高くすることが要請された。

 

>コレ、家が会社化してんのかな?

同改正法では、相続後10年間の事業維持などといった条件を満たした場合には、 相続税は100%割引される。

相続税のない国[編集]

 

コレがドイツの週34時間労働の裏側ですか?

ドイツは職人の国なんで、12歳からブルーカラー学校はあるが、サラ金地獄とか、キナ臭い話は聞いたことないです。

歴史用語を忘れた、産業勃興期の初期ので、工業が在宅ワーク化してるのありました。

www.dreamgate.gr.jp

biz.moneyforward.com

会社には相続税がない、なんつって、商売目的で、そういう境目を乱用してる人は多いです。

愛だの信頼だの、全く頭にない、そういう才能がハナからないか、そういう環境で育っていない、金オッサンは多いし、現実的に仕方がない場合もあります。

もちろんその手に近寄らないに越したことはなく、静かに消滅してもらえばいいですが、頭の痛いことに、政治に群がるのが、こういうタイプです。

 

 

結婚のリスクといえば連帯保証人です。

親の負債なら相続放棄できるみたいですが、

借金取りが家族を売り飛ばしていく風景なんて、まだあるのか。 

nini-baikyaku.biz

離婚した夫(妻)の借金の連帯保証人に!支払い義務はある?

 

今の日本にハコ(住処)は、無理に買わんでも余っているんで、

こういう悲劇は少なそうですが (だいたい、どの会社も先行き不透明で、銀行サイドがオチオチ貸せないでない?)、

 

mansion-market.com

(引用)

 借金を踏み倒した過去があった人やローンを返済するための収入や資産がない人のことを、アメリカでは「サブプライム層」と称していて、普通なら住宅ローンを組むことはできない人達です。もし、サブプライム層でもローンを借りることができれば、住宅販売の拡大とともに銀行の販路も拡大させることができます。

 (引用終わり)

 

>この項目は、どこを引用していいか分からんくらい、深い。

サブプライム住宅ローン危機 - Wikipedia

住宅エクイティから引き出されていた効果を除くと、ブッシュ政権時代の米国の成長率は 1%だったという[268]

 

アメリカの金余りの人たちは、何に投資してんですか?

何に投資しても儲かりそうな臭いがしない、日本と同じ状態なんか?

英米タックス・ヘイブン持ち)でなんとか情報収集して、海外投資なのか?

 

>自分の書いてるのが、こういうのと似た感じな気がしてきたが、

  • FDIC による銀行解体メカニズムを拡張してノンバンク(シャドーバンキングシステム)をも扱えるようにする。
  • 企業が秩序を保ちつつ破綻できる仕組みを確立し、「救済される」という事態は排除する。
  • 納税者がいかなる損失をも被らないよう保障する。このために損失はその企業への投資家に回し、また最大手金融機関の拠出による資金プールを設立し受け皿とする。
  • この解体過程においては FDIC および連邦準備銀行との間で然るべき検査や預金残高の維持を求めることとする。
  • 金融企業と関連する規制当局に対し、資本および流動性についてもっと強力なポジションを取るよう義務付ける[253]

具体的に現行の制度へ、どう落としこむんですか?とか聞かれると分からんし、とりあえず、アメリカの偉い人が、こういってます。

 

よく中国バブルが破たんするする詐欺の根拠で、シャドー・バンキング・ヤバイ、と言われてるが (シャドー=統計数字に表れない)、海外の人はカモっちゃえってことかな?

中国のシャドー・バンキングは、あくまで海外投資家から見た記事で、中国当局は把握してんのか、してないのか。知ってるけど、公開していないのか。

ninjaid2000.hatenablog.com

上のアメリカのシャドー・バンキングは、リバタリアンっぽいのに近いんだろうか 、中央銀行の利子の操作が鬱陶しいし、あと税金も払いたくないっていう連中がいます、ティーパーティーとか。

 

ティーパーティー運動 - Wikipedia

ティーパーティー(Tea Party)」という名称は、当時の宗主国イギリス茶法(課税)に対して反旗を翻した1773年ボストン茶会事件Boston Tea Party)に由来しており、同時にティーは「もう税金はたくさんだ(Taxed Enough Already)」の頭字語でもある[5]

ただし現代のティーパーティーは、ボストン茶会事件の時と違って、課税反対は象徴的意味しか持たず、実態は、総じて税金の無駄遣いを批判して「小さな政府」を推進しようという運動で、「アメリカ人の中核的価値への回帰」を訴える保守系独立政治勢力である[6][# 2]。自身では憲法保守を唱えている。

diamond.jp

(引用) 

共和党ティーパーティの支持者(特に中西部、テキサス)に広がる、この異様なFRB批判はいったい何なのか。彼らは「大きな政府」「政府の介入」を毛嫌いしている。ウォール街への不信感も根強い。

 (引用終わり)

 

>中西部の保守って、親が金持ってないんかな?資産運用とかしてる連中なのか、してない連中(下の世代の職場を用意して欲しい、公共事業推進派)なんか。

 

年金支持者は、経済成長してくれないと利子が出ないで困るし、次の世代に返せない、という経済成長絶対主義者のはずです。

私は賦課方式の年金は、もはや、大手、投資基金という以外の意味は感じないですが。

www.mhlw.go.jp

 

>コレは、ピケティのアレなのか。GDPの78%って。

下の世代が働いてもらってる給料より、老人が流してる金が多い。

年金資産が世界のGDPに占める割合は2008年の61%から現在の約78%へと大幅に増えている点は、注目に値するといえるでしょう。

www.towerswatson.com

www.rakuten-sec.co.jp

 

>私は読んでないんで、マトメがあると便利です。

そう、ピケティ読んでないです、ダッセー、(利子所得>労働所得)っていうアバウトな理解しか無いです。叩く?

トマ・ピケティ - Wikipedia

 

 

生産性の低い部門(農業)から高い部門(産業)へと労働力が移動することによって、産業革命の開始とともに拡大が進み、やがて縮小していくと考えていた。ピケティは、クズネッツが1950年の時点で観察した傾向は、重要な経済的要因(部門間移動、技術革新の効果)の帰結ではなかったと論じた。実際、相続資産の不平等は減少し、賃金の不平等はさほどでもないが、こうした動向はそれを進めたり逆行させる諸要素によって、特に所得税の創設によって、左右される。結局のところ、不平等の縮小が継続するという保証は何もなく、実際、米国では30年間にわたって不平等が拡大し、近年では1930年代の水準に達している。

 

 

 >みなさん、商売人です(こういう看板に、ネーミング・ライツは要らんのかな?)。

池上彰とトマ・ピケティ(フランスの経済学者:2015年『21世紀の資本』著者)が提唱する”格差”を開業10年目の東京の税理士が解決します!】

3か月間は無料で、その後は毎月100円課金の有料メルマガになります。

nittax109707.jp

 

 

オリンピックなどにしぶとく残っているというが、

そういう建て替え景気の無くなった土建屋は何すればいいかは、知らんが、農業でもしたら?TOKIOはどっちもできるらしいです。

人口爆発している途上国で家を作って欲しいニーズはあるが(住宅ローンなど無いんで、一日一個レンガを積んでいくとかいう逸話があります )、物価(相手が払ってくれる、払える金)が低いから大して儲からんです。

あとは修繕(一時期リフォームの営業はウザかったです )と、被災地の立て直しとか?

 

そういう家不足の途上国で、お前んところに家立ててやるから、日本で季節労務者しない?っていうトレードってどうですか?

それなりに双方儲からないか?

そんなのが儲かるくらいなら、とっくにヨソの地区がやってるのかな?

 

 

 

私は病弱で子供がいらないし、自分で稼ぎたいから、結婚するメリットは微妙です。

例えば、仮に自分が藤沢が結婚を忌避しているところの、稼ぐサラリーマンだとします。

ふんで相手が赤字に転落しそうな実業家や落ち目の芸能人で、私がその看板を利用して、効率よく稼ぐセクターというシナジーをやった場合(すごい妄想力ですが、コレが藤沢の考える、稼ぐサラリーマンに寄ってくる、人生の最高点が20歳くらいの舞い上がったアイドルで浪費奥さんというパタンです)、

 

このパタンだと、稼ぎ損だから止めろ、と藤沢は言います。

ですが、私は離婚で半分持ってかれても、いいんでない?と思う。

どうせまた稼ぐし、私は大して金を使わないからいいです。

相手は自分をずっと好きでいるかもしれないし、嫌いになるかもしれない、それは相手次第で、自分の決められることではないから、仕方ないです。

なんで、現行の家族法の仕組み自体に不便な点はないけど、とにかく子供はいらないです。

だから逆に、子供手当は充実して欲しいと思っています、子育てのサポートは、家族法だけでは難しいと思う。

 

 

私が生活の必要上、欲しいのは財務管理とか、パソコンの修理屋とか、スポット契約で可能な人ばかりです。それは結婚したいほど、好きとは違います。

今、貧乏だし管理するほどの財産、ないですけど。

 

私はあんまり金とかは要らんで、相手が好きかどうか、結婚のシナジーがあるかどうか、自分が自由に働き続けられるか、くらいです。

まあ、私の結婚ニーズなんか毛の先ほども価値はないです。

ただそういう感じで、どうでもいい人は、います。

女性が盲目的に結婚へ執着してるみたいなディスインフォーメーションがが鬱陶しいんで書きました。