グローバル・ラノベと政治同人誌だよ。

ご用件ははninjaid2000@gmail.com規約はGmaiにl準じます

ガスミが席2


エンジニア2は、意外なことにガスミが席に興味を持った。

エンジニア1は、逆に困惑した。知るかよ、俺だって噂で聞いただけだ。やっぱり酔っ払った同僚から。

「所在地、どこなの」

「名古屋じゃないの」

「いい加減なこと言うなよ。ソレ、第二日米同盟みたいなやつなの」

何で名古屋なんだろう、トヨタのことか。

エンジニア1は、トヨタのことかー!とか悟空のセリフで再生されてしまう、ドラゴンボール世代のオッサンだ。というか、ドラゴンボールは既に、

男塾や北斗の拳みたいに、誰かが家の親の卒アルとかが入ってるダンボール箱からパチって教室に持ってきて、ほとんどの人に回し読みされる古典と化していた。

だが、エンジア2にとって、そのシーンはインターネッツに張り付けてあった1コマを見ただけだ。ストーリー上の意味は知らない。

トヨタは今や、日本政府より儲けが多いって言う噂だよ。

赤字政府に事業仕訳された宇宙事業を引く継ぐとか、道路を作るとか、無責任な噂が流れる始末だった。

「名古屋人は荒れてる、噂だけど。アンケート取ったら、2度と行きたくない観光地トップ1って書いてあった」

「名古屋は観光地じゃないよ。味噌カツもモーニングも観光客の為じゃない、単に自分で食うために出してる」

「ふんならポリシーが逆じゃないか、俺たちはシステムを自分で使う為には作ってない、お客様の為に作ってるだろ」

「本当かよ、この仕様で本当にいいのかっていうの、あるだろ」

「名古屋は車で儲かってるんだから、観光なんかどうでもいいだろ」

「海外向けのシステムって何?送金とか?」

彼らの話は無責任な噂話から始まって、やっぱりどこかへズレていった。

行ったことの無い土地の話なんか、誰も知らない。俺たちの生活だって、俺たち以外は、誰も知らない。

 

 

エンジニア3は、オッサンだった。35歳、そろそろ引退か。

ここのままエンジニア業界でブラック状態が続くなら、体は持たない。

派遣先まで、一体全体どれだけの串がさしてあるのか不明な雇用契約を結んだことは数知れない。

団子みたいに串を刺すのは、二重派遣とか五重派遣などと言い、いろいろ分身を使って経緯が不明になっている状態のこと。

詐欺師とか悪徳企業の行動で、マトモじゃない。

エンジニア3の中では、就職用語とインターネット用語が脳内で一体化し、本人の勘違いなども混じり、既に他の市民には理解不可能だった。

だから彼と軽口が叩ける親しい人は少ない。そこへ行くと、エンジニア2は、珍しい同人種だった。

「集ストでついに死人でたよ。芸能人もギフハブとか変なこと言い始めたし」

「何なの。公安ヒマじゃないの」

集ストって何、とか、エンジニア2は、やっぱりいちいち聞かない。

エンジニア2は25歳だから、集ストが何なのか知らないが、集スト=公安っていうイメージが脳内にあった。

ネット上で気に入った人、もしくは極度に気に入らない人の個人情報を突き止め、大勢でストーカーすることだ。

いかにもインターネットの勃興期にでそうな噂だ。そのうち、炎上とか、スネークとか、いろんな言葉に変化していった。

中国で言うと、人肉検索という、極めて分かり易いネーミングだった。

中国のそれはだいたい、インターネッツ市民が、タチの悪い汚職役人を突き止めてストーカーすることなんだけど、逆にソレが当局の監視だったというオチもあり得た。

だけどギフハブは、イギリスで真面目にやってる情報のインフラのことじゃないの。

それがどうして日本へくると、ヤク中の人気歌手の口から飛び出す、胡散臭いフレーズになるのだろう。

「都市伝説だろ。アメリカで、宇宙人が襲ってきたとかいう奴、大量にいるよ。

最近は下火で、月面着陸したり、スターウォーズ計画とかやってた頃が最盛期だよ。

大規模プロジェクトには必ず、変な噂が付きまとうんだよ」

「じゃア逆に、警察の存在自体が、そそのかさなかった犯罪があるの」

「警察があるから防止された犯罪の方が多いだろ」

赤軍は、日本政府が存在すること自体が犯行目的、とかいうから意味がない質問だよ」

赤軍は怖いだろ。赤軍に乗っ取られたら、日本は巨大な収容所群島になるだろ」

赤軍はもうない、消滅したんだよ。パレスチナ北朝鮮に、残党がいるか、いないくらいかだよ」