グローバル・ラノベと政治同人誌だよ。

ご用件ははninjaid2000@gmail.com規約はGmaiにl準じます

拉致被害者を奪還せよ12

 

アメリカのシンク・タンクは忙しくて良かった。ひとまず何がなくとも、ネタ探し。

シュミレーションが仕事だから、敢えてヨソを荒らしまわってるわけではない。

「東アジア三か国が連合したら、日本は勝てないよ。だけどソレは連中が、太平洋に土足で踏み込んだということだ。太平洋はアメリカの西玄関だよ。玄関先を荒らされて黙っていたら、次はリビングで人殺しだ」

「だから北朝鮮辺りで、収めておくのが良いですよ」

北朝鮮で止めるには、日本を攻撃しろとか、煽ってくる韓国が邪魔じゃないか。

テレビのインタビューで、北朝鮮が攻めてきたら、勢いで日本を攻めるとかいう韓国人がいた」

「韓国人は全員が親北じゃないよ。その発想は、単に連中が徴兵が面倒臭いってだけだ。38度線がなければ徴兵はないだろうって。

徴兵逃れなら、誰だって100万くらい出す。

韓国の成人男性の全員が100万を出したら、その金で北朝鮮は食える。北朝鮮は、韓国が買収可能だ」

「その金の流れ自体不健全でしょう。マフィアじゃないんですよ」

北朝鮮はマフィアだし、それを強いているのは俺たちだ」

「1人100万は相当安いですよ。韓国人は、喜んで出します、西ドイツになれるとか言えば良いです」

TOBか、中国はどのくらい出してくると思う。中国は当時のソ連ほど弱体化してないんだよ、日の出の勢いだ」

「日の出の勢いってほどでもないだろ。リーマンショック以降、みんな呻吟してるんだよ」

「中国は海外に拡大し過ぎて潰れる流れじゃないですか、戦前の列強みたいに」

「欧州の列強は潰れてはないよ、穏健な福祉国家になってるよ」

北朝鮮に埋まってるレアメタルとか、測量した人いるんですか」

 

 


ディールとして考えたら、ヘタレはケリを入れて小突きまわせばよかった。面倒くさいことは嫌い。

「お前、俺の愛人にでもなれば」

トランプは、眠そうだった。

かつてのジャパン・ハンドラーは、日本人の客を文明人として丁寧に扱いつつ、交渉内容としてはバカにするのが基本だった。

あんたが属国としての立場として弁えれば、酋長として歓待してやるから。嬉しいだろ、帝王のお気に入りだ。

だが、トランプは共和党の異端で、その手の貴族スタイルすら取らなかった。ある意味、分かり易い相手。

「なってどうするんですか。大統領は私のこと、好みじゃないでしょう」

「俺は世間から、その辺の電信柱にオシッコをひっかける犬だと思われてるから。どうでも良いよ」

「私は日本が属国なのは身に染みてますし、日本人が、かつての白人地主が気まぐれに犯していた黒人メイドと似た立場なのも知ってます」

「フーン、俺のこと、好みじゃないんだ。まあ俺はもう70歳だし、品がないから、そうかもね」

適当だった。日本人はアメリカの肉の壁をやってろ、以外に言うことが無いから、下ネタに流れただけっていう。

「私が男性を、好みとか好みでないとか言ってたら、仕事ににならないです。防衛大臣の元に、どんだけのイケメン営業が来ると思ってるんですか。

トランプ・ホテルのイケメン警備員とトレードしても、気が付かない位です」

「お前はその中の、誰かと寝たの」

「手札の交換で、大統領は、教えてくれないんですか」

「尋問権は俺だけにある」

「この事態が、少しでも好転するなら、私は誰とでも寝ます。それがアニメ女子の防衛大臣です。

日本人はアメリカにケツを貸していると言われ続けてましたから、それが本当になっても誰もショックを受けない。

あなたがファックとかシットとかいって、世の中の搾取構造を可視化したのと同じです」

トランプと朝鮮総連のヤクザとどっちがタチが悪いかは、不明だ。

トランプは表の実業で実力があるから、ヤクザ連中ほど汚い手は使わない気もした。

 

 

 

第二自衛隊は、次の酋長をだれにするかでモメていた。

アメリカは第二自衛隊に、比較的、冷たい。俺の忠臣、懐刀は第一自衛隊だ。

独立なんて、勝手にやってみれば、止めないし。

アメリカは東アジアからは兵を引きたい、ムダ金は使いたくない。

ただディールや金になるケースは別だ。

「テクノロジーの劣勢を承知で、自前で武装してるのは、どこですか?インドとかイランですか?」

サウジアラビアなんか米軍とベタベタで第一自衛隊です。89式小銃すら自分で作らない」

「だが、彼らは自分たちの軍が世界一とは、勘違いはしないでしょう」

「劣勢でイキがってる奴は多い。能無しに限ってイキがってるのがグローバル・スタンダードだ。

ネオナチってのはそういう人種だよ。日本のネトウヨがものすごく低能ってことじゃない」

「イスラミック・ステイトは信じてますよ。ハイテクの集積した先進国のバックヤードを爆撃する、テロリストが最強だって」

「ソレ、かつての左翼の過激派と同じじゃないですか。新しくないですよ。911以降は、新しい戦争とか言ってるけど、焼き直しがひどくないですか」

「日本のテクノロジーがスゴイ信仰は、野放しにされてますよ。日本会議辺りの詐欺商法で。

戦前の欧米との技術格差は、絶望的ではなかったです。同盟国のナチス・ドイツとアメリカは均衡していたし、核やロケットも、どっちが先に開発するか微妙だった。

アインシュタインオッペンハイマーは、アメリカがドイツから盗んできたんだよ。だから日本はドイツに勝ち目があると思って、本当に真珠湾に突っ込んでしまった。

このままでは、第二自衛隊は、能無しの日本礼賛者に押されて、また真珠湾に特攻させられる運命にあるよ」

「今度の真珠湾尖閣なんだろう。GDP2位の大国の新しい領地だ。

それで、第二自衛隊は、アメリカにも牙をむいてるから、まず米軍の応援は頼めない。

どんな低能のヤンキーだって戦闘能力はあるし、このくらいの見る目はあるよ。

ソレを教育勅語とか変な洗脳するから、見えるものが見えなくなるだろう」

「石原や田母神は、まさか本当に日本のテクノロジーが世界一と、信じていたのではあるまいね」

「まさか、そんなことはないでしょう」

「だがバックドアにいる物知り顔の白人が、そう吹き込んだら?」

「どっちでもいいだろ、ソレは。どっちにしても希望がない。ジャパン・アズ・ナンバーワンだと庶民に嘘がつける、厚顔の持ち主ってのは、ソレはソレで嫌だよ」

全員が思っていた、コレは何の会議なのか。酋長を探す目的じゃないのか。