グローバル・ラノベと政治同人誌だよ。

人に見られたくない話はninjaid2000@gmail.com

アメリカがインターネット企業の巣窟で、ソ連がハッカーの巣窟な理由と、東芝!(半導体の歴史)

新しい技術は革命ですが、二進法のコンピューターの全てが半導体の上にありますか?

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

インターネットって、世界をソレでつなげよう、みたいな発想で、大したことが無い気がしてきました、集積回路の道路です。

スターウォーズ計画(宇宙工学)と同じで、ソ連と核戦争という名目で研究資金を集めのか、かどうか? 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

biz-journal.jp

 

ソ連サイドは、上記のよう、半導体量産が不可能な為に、ネットワークを作る方は諦めて、ハッキング(侵入行為、クラッキングは破壊行為?)に徹したようで、それがソ連圏出身のハッカーが多い理由みたいです。

gigazine.net

 

 

で、中国企業は、何で東芝半導体に3兆も出すのか?

1、中国は人件費が安い(だから日米韓サイドは不利)

2、買収したほうが、設備投資を省けるから

3、ホンハイは取引先が多く商圏が広い

ですか?

半導体は産業の米と言われるほどありふれているから、今更、漏れるってほどの機密でないと思うんですが、ソレはWH(ウェスチング・ハウス)の原子炉(大赤字)の方ですか?

biz-journal.jp

 

 

で、半導体ですが、たくさんつなげると性能が上がるってことで、1つ1つのシリコンウェハー、集積回路自体の性能が上がってるんでないのか?

私は半導体工場のバイトとか見たことないで、ピペドみたいな理系落ちこぼれの秘密のアルバイトなんか?と不思議に思っています。素人お断りですか?

 

news.careerconnection.jp

こういうの進化図とかついてると、小学生くらいで分かると思うんですけど、駄目なのかな?

水兵リーベとか化学がよく分からなかった人の怨念ですか?

ノーベル賞とかテレビで上げるより、こういう方がいいと思うんですけど、

素人が天気とか予測しても仕方ないですか?

 

半導体

半導体 - Wikipedia

1930年代には理論的には半導体による増幅器の出現はある程度予想されていたものの、実験の結果は芳しくなかった。これは当時の半導体の純度が低かったためで、半導体増幅器を実現するためには1950年代のゾーンメルト法の開発を待たなければならなかった。

半導体を使用した素子は当初は理論が確立する前だったので手探りで製造された。 アレクサンダー・グラハム・ベル1880年セレンの感光特性を光線電話に使用した。低効率で作動する太陽電池は1883年にCharles Frittsによってセレンを塗布して金メッキを施した金属板を使用して製造された。これは1930年代以降、露出計として1970年代まで市販された[14]

硫化鉛製の高周波の点接触検波器の整流素子は1904年にジャガディッシュ・チャンドラ・ボースによって天然の方鉛鉱を使用した鉱石検波器として製造された。これは初期の鉱石ラジオに使用されて普及した。しかし、当時は作動の原理が不明で改良の方法も不明だった。1906年にH.J. Roundは炭化珪素の結晶に電流を印加すると発光する現象を観測した。これは発光ダイオードの原型だった。1922年にOleg Losevも類似の現象を観測したが、当時はこの効果を実用化することができなかった。酸化銅セレンを使用した電力整流器1920年代に開発され、真空管整流器が普及するまで商業的に重要だった。[13][14]

第二次世界大戦前に赤外線の検出と光無線通信を目的とした素子が硫化鉛セレン化鉛の材料で研究された。これらの素子は船舶航空機熱紋の捕捉と音声通話のために使用された。

およそ4000 MHz以上の周波数帯域では当時入手可能だった真空管では機能しなかったので点接触鉱石検波器マイクロ波帯域を使用するレーダーの受信装置で使用された。戦争中には検波器を開発するために適した高純度のシリコン材料を製造するための研究開発が進められた。[14]

第二次世界大戦中にレーダーの開発に従事したドイツ人技術者のHerbert MataréとHeinrich Welker達が戦後にフランスウェスティングハウスの子会社に勤務して半導体の機能の研究を進めており[18]ゲルマニウム上で点接触の電極間での増幅作用を観測していた。ベル研究所が"トランジスタ"を発表後、まもなくMataréのグループは彼らの"Transistron"増幅器を発表した[19][20]。1948年6月26日にウィリアム・ショックレーバイポーラトランジスタの特許を出願した[21]

日本国内ではトランジスタの開発のニュースが1948年中頃に伝わり、1948年10月には東北大学渡辺寧東京大学の久保、電気試験所東芝日本電気日立などの研究者によるトランジスタ勉強会がスタートした。

 

 

 

あと日本で00年代頃にムーアの法則とかいった人、ちょっとだけ戦犯でないか?

お金を出している人がその技術に可能性を感じ、ワクワク感にかければ失敗してもいし、予後もラクです。

無理やり買わされた感じが駄目なんで、こっぴどく裏切られた感じが満載です。

それは分業を無視してるだろ!?かもしれないが

子供の時間を盗むなら、そういう直感(身の回りのインフラと、新しいインフラ投資)をなるべく育てた方がよくないですか?

 

 
インテル製プロセッサのトランジスタ数の成長(各点)とムーアの法則(上線=18か月、下線=24か月。片対数グラフ

ムーアの法則(ムーアのほうそく、Moore's law)とは、大規模集積回路LSI IC)の製造・生産における長期傾向について論じた1つの指標であり、経験則に類する将来予測である。米インテル社の創業者のひとりであるゴードン・ムーアが1965年に自らの論文上に示したのが最初であり、その後、関連産業界を中心に広まった。

 

 

 

 

 

計算能力を向上させる方法は、単一の命令ストリームを1つの演算部で可能な限り早く処理するだけとは限らず、遅い動作クロックであっても複数の演算部で並列的に処理することでも計算能力を向上できる。一般に動作クロックの上昇は処理性能に寄与するが、発熱もまた増すために、ある程度まで高速化された演算部では処理性能の向上よりも発熱量の増加が上回り、高集積な回路であれば放熱問題に直面して、動作クロックの高速化は現実的でなくなる[5]

ムーアの法則を基にして、ヴァーナー・ヴィンジブルース・スターリングレイ・カーツワイルのような有識者技術的特異点を部分的に推定している。しかしながら、2005年4月13日、ゴードン・ムーア自身が、「ムーアの法則は長くは続かないだろう。なぜなら、トランジスタが原子レベルにまで小さくなり限界に達するからである」とインタビューで述べている。

 

収穫加速の法則て、収穫逓減の法則も数学的にはアバウトな気がします、

単に減ってるか増えてるかがわかればいいのかもしれないが。

レント・シーキングとか、経済学って程度問題については、かなり適当?

 収穫加速の法則)。集積回路の登場より以前のトランジスタ真空管リレー、電気機械式コンピュータまでさかのぼり、基本的なトレンドがパラダイムシフトによって維持されていることが示されている。

 

半導体に種類があることを今知った人です。

半導体の種類 | 半導体の基礎知識 | 半導体を知る | ソニーLSIデザイン株式会社

アルバイト雑誌にも載らないし、学校で全く習いません。

細かすぎて、手先が器用で、マサイ族並みに視力のある人とかしか出来ないバイトでないか?

不器用には、ハンダゴテが限界ッス。

半導体工場は、企業機密か?