グローバル・ラノベと政治同人誌だよ。

ご用件ははninjaid2000@gmail.com規約はGmaiにl準じます

嫌いな人の電話番号でドタキャンだって。

 

バンビ Retweeted 嶺岸圭

嫌いな人の電話番号を登録して、その人は無断キャンセルしてなくても、リストには載っているからブラックリスト扱いされる事はあるだろうね〜。悪用する人が出るよ。

バンビ added,

この人のお子さんかわいそう。 自分の知らないところで自分が債務者になってしまっているんだよね。 将来親が携帯(スマホ)代など払えなくなって自己破産したら、この子の名前で契約したわけだから、この子はブラックリストに載るよね。

 

 

 

自由に関して「特別な覚悟を決めた人だけが得られる」と言うホワイトリストの発想で考えると実質的には殆ど自由の無い社会になってしまう。 私は米国の様にブラックリストの発想(「特別な理由が無い限り自由」)の国の方が好きだ。

 

アメリカは諸事情でクレジットを一度滞納すると、二度と支援が受けられないなど、ブラックリスト化の弊害が大きいようです。

アメリカは大きいし、人種差別をしない、という普遍性を強調すれば、テータ至上主義で、こうなるのは仕方がありません。

 

ですが、ライフログみたいなもので、データが蓄積すると、病的な嘘つきはハネられることになり、失敗の過程に筋が通っていて、ビジョンに説得力があれば、同情してお金を出す人は出てくるはずです。

一度失敗してもクラウド・ファンディングでお金を集めたり、新しいサルベージの効率は上がると思います。

どこの国だって、苦境から這い上がった人が、同じ境遇にある人に同情して、支援するサイクルはあり得ます。

なんで大人の自己分析と自分のやりたいことの見極め、それを人に伝える表現力は、本当に生死を分かつはずです。

 

トランプは4回破たんしてカムバックしていますが、特権階級だから別ですか?

アメリカはリーマンショックがありましたが、何度失敗しても立ち上がる、前向きなマインドは象徴していると思います。

が、ソレも周囲の支援をどう取り付けるかという、限界があります。

 

 「ヤタニ・ケース」といわれる「ブラックリスト抹消訴訟」を経て、体験し考え続けた長年の軌跡を総括する渾身の書き下ろし!『日本人の日本人によるアメリカ人のための心理学  ━アメリカを訴えた日本人2』矢谷暢一郎=著 本体1200円+税

 

>日本が侵略したフィリピンや中国でも起きたし、ベトナム戦争でもあったと思います。南京もベトナムも、住民が隠れスパイなことを恐れて虐殺が起きています。

>米軍に捕まったり近づいたりした者を、みんなスパイ容疑のブラックリストに載せるんです。さらに島の人も、人のせいにして告げ口をすれば自分は助かるから、嘘の報告をする。もう、誰を信じていいかわからなくなるわけですよ 日本兵が島民を殺す

 

他国の戦争に詳しくないですが、ヨソでは押してしかるべき、普遍的現象と思います。

ナチスに占領された東欧諸国の、ユダヤ人の密告とかです。

 

インドネシアのパンジャジラ(愛国青年団)の共産党員虐殺とか、いろいろあります。

 

 

 

>中国のブラックリストは、洗練されていないんでしょうか?

治安に割く人手が足りないのかもしれないが、チクリあいで点数を稼ぐ、文革時代に逆戻り、ってほど民度は低くないですか?

 

WeChatから警察のサービスにアクセスすると随手拍挙報すなわち「交通違反を目撃したらスマホで通報しよう」機能がでてきます。地図上に「信号無視、逆走」などの違反行為が晒され、通報者には報奨金が支払われることも。報奨金はおろな罰金の支払いもWeChat Payでできます。