グローバル・ラノベと政治同人誌だよ。

ご用件ははninjaid2000@gmail.com規約はGmaiにl準じます

女性業ってもん

この20代のうちに結婚するもん!という、広告にピンとくる人は、女性業(?)に向いているんでないか?

ninjaid2000.hatenablog.com

 

 

モテるサイトにかいてるのほとんどが、セックス・アピールか、異性心理です。

>チョーむずかしい!?男でなくてよかった!?

男女の考え方と心理の違い!女性にモテる会話のテクニック - メンモテ|恋愛初心者の真面目な男がモテるための情報サイト

女と女なら、そこまで一身に期待を寄せられないから、彼氏/旦那よりハードル低いです。

 

相手の仕事事情を知りたかったら、ビジネス本や青年漫画を読めば、彼らの気持ちが分かるでないか?

私とじいじ(仮名)なんか、意味のない会話ができんで、セックス・アピールもできん(そんなこと、知りたくもないけれど)、時事ネタを新聞で仕入れるサラリーマンそのものです。時事集めが家業と化している、それが女性だったら女性業、かもしれないと思ったんで、適当な内容です。

 

>時事ネタ・リーマン、めっちゃ駄目だしされてました、死にますか?

時事ネタから話を盛り上げて、みなに好かれる雑談のルール公開! – TALK&トーク話し方教室(大阪・名古屋・東京)

初対面の相手に、あまり探り入れるの失礼でないか?

失礼にならないギリギリの線、相手のプライベートが機密やクソの山みたいな、難しいケースもあります。

 

私は男脳なんで、女性の争いはこのくらい解説されないと、全くわからん。

www.mamazero.com

>コレはうちの親ではない

授業参観に行ったら飾られてた自由研究がどれも傑作で、中でも「お母さんに怒られない方法」を研究した子が 怒られた時間帯 怒られた時のお母さんの状況(料理中とか) 怒られる前のお母さんの機嫌 を分析して、なぜ怒られたかには一切触れず 結論「怒られないのは無理」

 

 

相手の恋愛心理を操るのが性的要素を売りにする人、仕事内容やキャリアを知るのが同志型、か? 

心的交流は、人の事情を知ることに喜びを感じる人向けではないだろうか?

毎日ポルノしか見てない人が、違うジャンルの恋人を作るのは難しい、同性婚とか雑居でいいんで、無理しなくていいです。

 

 

相手の事情を知る努力を全くしてないのが、スポイルされた婚活バカとゆわれてるものでないか?結婚のシナジーないんで、需要がないです。

バカらから相手の真意も分からず、携帯盗み見など、ストーカー化してウザイです。

 

matome.naver.jp

 

bengoshihoken-mikata.jp

 

 

 

異性の扱いが分からんも程度問題で、暴力とか度を越していれば、ロクな家庭ができんし、止めた方がいい、暴力は弁護士やシェルター、警察マターです。

 

最近、国会報道が浮気ばかりですが、

会社員のキャリアと同じ、浮気が嫌なら、浮気されたら切ればいい、

浮気してる人に、浮気しないで、というのはもう無理、

研鑽したほうがいい、頼りきりはいけない。

ただ子育て中の浮気なんか、親族や弁護士を交えた話し合いの余地、あるし、社会的責任が伴いますが。

 

 

世の中の婚活女性があぶれているか、足りないかは寡聞にして不明ですが、

日本人で年収高い職業は、既に方々で売られてん。

matome.naver.jp

 

海外の方なら、同じ能力の同国人女性は怖い、

彼らのイケイケな過激な言動を修正する、アドバイサーにでもなればいいでないだろうか?

マクドナルドのシェイクっぽく言うと、戦勝国人は態度L(large)、日本人は態度S(small)が多い。

日本人は国策で人材が、腰が低いが誇り高い執事系が多いです。

 

ninjaid2000.hatenadiary.com

 

ninjaid2000.hatenadiary.com

 

腰の低い日本人だって、気鋭の企業とかに雇われたら、グローバル人材でバリバリだが、上流です。元々、子供の頃から、ずっとできてきたから、エリート意識あります。

 

しかしアラフォー近くになって、全く彼氏の出来る気配のない私に振ってくるのが、とんでもないムチャブリで、ヘッポコ地域は、他人に仕事を回すの下手なのねん、

だから自分で台本作らないといけないのは、自衛手段で、協定破りでは断じてありません。てゆうか、台本なんか作って無いです。

 

 

ところで外人といえば、私みたいな奥二重地味顔モロにモテないだそうで、ガビーン

外国語、口語しかできません

田嶋先生もイギリスに留学中はモテモテだったみたいです。

出典www.ne.jp

 

かの田嶋陽子先生も、ケンブリッジに留学中、ベルギーの貴族と出会い、求婚されたとゆーではないか