集団に金を出す

例えば、集団に金を出す場合は、

(今、トレンドの)

IDチェックみたいのはあまりいわれない。

 

スポーツチームで、

金を集めて→スタ―選手をよんでくる

地元との関連性がなければ、そこまでファンのロイヤリティはないとか。

形だけ見たら、会社と似ているかもしれない。

 

金を出すほうは、身元を知られないで済むのが一般的

ソレ、株ブームのときに問題化してた?

得体が知れなくても寄付はできるが、得体のしれない人に募金は集まりにくい

クラウドファンディング - Google 検索

クラウドファンディングって - Google 検索

 

または、  

ある企業が災害へこれだけ寄付しましたって書いてあるのは、

1、消費者が釣銭を寄付できる

1、消費者の企業イメージが上がる

1、被災地の企業イメージが上がる

 

 

 

どんぶり勘定を言い換えた言葉ってたくさんあるかもしれない。

一般会計、特別会計とか?

昔の統計グラフによくでてくるのが「会社」「家系」「政府」って図

 

団体内部ではどう金を回そうと、外部にはうかがい知れなかった

株主に提出する資料とかで、

所定の収益だけ書けばいいとか。

会社、政府だったらその団体が枝分かれとかしてる、多分

 

昔は、コレ以外の団体があまり信頼されていなかったからかもしれないし、

少ない金をかき集めていたのかも

NPOとか言われ始めたのは最近です。