グローバル・ラノベと政治同人誌だよ。

ご用件ははninjaid2000@gmail.com規約はGmaiにl準じます

トランプのキャラクター・ビジネス

 

ベトナムで会談、ぱっと見、青い人民服かと思ったんですが、よく見ると。

こんなビミョンなヨレヨレの服を着てカメラの前にでる彼ら、エストラーダ(昔のフィリピンの芸能人大統領)辺りが着てそう。

ジョセフ・エストラーダ - Wikipedia

クリーンなビジネス交流を進めよう、ベトコン・ゲリラ戦やめよう、というメッセージかと思ったが、どう受け取るかは見た人によるんだろう。

 

ベトナム中部ダナンで開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の歓迎夕食会で写真撮影の際に握手する米国のドナルド・トランプ大統領(中央左)とロシアのウラジーミル・プーチン大統領(中央右、2017年11月10日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

www.msn.com

トランプ大統領はなぜ犬が嫌いか : ウィーン発 『コンフィデンシャル』

右端の人が小泉純一郎に似ているし、左端の女性同士が視線を合わせてるしで。

文字面だけ、世界情勢に詳しい人は、最近の顔外交を研究し、ルネサンス期辺りの西洋画を学ぶとよい。

意味が全く無い、という可能性も、もちろんあります。

 

 

トランプのお孫さんが中国に留学中なんだそうです。

www.jiji.com

採点してあげまち、なんて、日本ではまずやってはいけない作法だけど、大国志向の中国はやる!

でもよく見たら中国語、なんで逆に親切ですか?国が判定したので間違ってない、悪い人は嘘ばかり教えて外国人を困らせます。

 

 

トランプ=チンピン、ファミリーが拡大するかどうかは知らん。

独裁国のキンペーは、許認可権を盾にしています。

タックス・ヘイブン中国共産党幹部ががさらされたり、汚職摘発で台頭した主席なんで、ファミリー・ビジネスはご法度の予感です。

 

どちらも全部、前任者の責任でした!で、メンツ問題はクリアできるんですけど。で、クビを飛ばした俺偉い、で続いていく。

 

 

国内が一枚岩でない、クビの皮一枚で、外交で得点を挙げるしか手がない、法制度を変えたのは違う人だから、みたいな言い逃れが可能なことを、コレはキンペーもお互いに、知っているという意味で、この2人は立場が似ていると思う。

 

そこは外交力の薄い日本の安倍首相は、少し違う、

飛ばしても安倍だからしょうがない、という最強の呪文は残ってはいるんですが。

 

角栄は国内を掌握して独自外交を始めた、

東条英機は部下思いというか調整型、それで増長した各部署の分裂を招いた、

安倍は素人を自認していて、専門家やアメリカのいうことに意を唱えないから、有事のリーダーに選ばれた、という印象です。

 

 

投機筋が武器を捨ててそっちへいってくれるなら、当面はありがたくなくないだろうか?

メンツはつぶれっぱなしのこともあれば、複数立つ場合もあるんだから。

 

あんた詳しそうね?

 山口優 @yama_g 11 hours ago

 お上のお達しで、D社が「クライアントが直前でひっくり返す行為」を有料にしたらしい。そしたら皆一様にひっくり返さなくなったって。誰にとっても得な話ってまだ存在するんだね。

 (引用終わり)

 

キンペーはマインド、みたいなことには絶対のってこないだろう。でもない?

そういうマインドだったら、安倍とキンペーは、仕事、キツイっすねーとかで酒が飲めそう。

 

日本で報道されるキンペー主席の写真はうつろな目からみて、なんか飛びたい気配もするのですけど、そういうスキを醸し出しておいて、油断を誘っているのですか?

金正恩が同じ目なんですよ。でなければ老将軍たちのお守りで、しょうもない核兵器でキャッキャウフフしてるか。

 

元々、政権の正統性、としての、歴史認識なんかでケンカしても意味ないのが日中関係です。

知能でいったらちゃんと出世したキンペーの方が高そうですが、そんな無駄話は成り立たなくても良いんではないか?というのが最近の首脳外交です。

 

トランプに、晋三バースデー・パーティをされる時代です。

海外で還暦を超えた人の誕生会、というのが界隈に存在するかどうか、寡聞にして知らんのですが。

【海外の反応】 パンドラの憂鬱 米国「安倍首相、おめでとう!」 トランプ大統領が安倍総理の誕生日をサプライズで祝福

この後、少しタイムラグがあってから、ガンガンに武器買わせてやったぜ!とか言われてました、シビアー

そういうので喜ぶのはアメリカ国民の一部ではあるんですが、上のマンセー・コメント群は韓国人の掲示板の翻訳ですか?

 

 

ところで北朝鮮のこの表だと、トランプは何ですか?

no title

warotanikki.com

 

dot.asahi.com