どうでもいい

言及先、リンク先と私には関係がありません。 結果的に関係が生じても責任を持ちませんが、そこまで影響力がないんで気にしないで下さい。

桜の木の下には、死体が埋まっている確率が高いか?

西洋の人工首都は多い気がしますが、

道の敷き方が、放射状だったことは、今でいったら国際都市の気がします。

真ん中へ通りやすい、

四条だと、整然とした秩序というか、そういのを目指した感じです。

ただ日本史を見ると、京都もけっこう戦場になっていて、遷都されたというより、業が深い、という印象もあります。

 

english-columns.weblio.jp

jp.techcrunch.com

グーグルマップにストリート名や番地は書いてない、そこは各国の、郵便とかとの棲み分けだろうか。宣伝の為か、公共施設とか、店舗名などが乗っています。

昔の地域の地図だと、苗字、が書いてあってレトロです、海外は表札ないかな?

表札は日本だけで海外の国々には無いのか? 疑問と表札の意外な注意点 | ナツメディア

アメリカがドローンとかイマイチ、使い物にならなそうなものを投入してるのは、空の交通整理とか、副産物を狙ってる印象?

ecclab.empowershop.co.jp

 

ヨソモノを、そうそう受け付けない、というのは、戦乱に巻き込まれたことのある観光地なら普通ではないか。東京で土地ころがししていたような、ゲヘヘな人が土足でふみこんできたら、ぶぶ漬けなのは分かります。

ninjaid2000.hatenablog.com

 

逆に、ミシュラン辺りだと、星をつけてやる戦略、ってのもあって、

おフランスは、そういうのを止めたから、難民とかで素直にモメているんだと。

バブル期の日本って安くて、自分でランキングができない状態だから、仕方ないと思います。恨みしゅらん、という本では、5つ☆店は、どこもヘボ臭い、と書いてありましたが、

 

ミシュランガイド - Wikipedia

パリ万博が行われた1900年自動車運転者向けのガイドブックとしてフランスで発行されたのが始まりである。内容は、郵便局電話の位置まで示した市街地図のほか、都市別のガソリンスタンドやホテルの一覧、さらには自動車の整備方法などであった。これは35,000部が印刷されて無料で配布された。発行者であるミシュラン社はタイヤ会社であり、これにより自動車旅行が活発化し、タイヤの売れ行きが上がることが目論みだったといわれる。

 

 

星目当てに成金が押し寄せて、客層が劣化したり、資本が取られてそうなったかどうかは不明なんですが、オリンピックの裏側が胡散臭いのと同じか。

人民が自分でやったって食べログ化、するんで、どうにも、こうにもブルドック?

 

築地市場でモメ過ぎて環状線の一部が通行不能になっていると、やまもといちろうがいっていました。

環状線は、合理的、なんだろう。

ヨソへ行く人々が、都心を通ると渋滞に巻き込まれるから迂回路が欲しい、のではないか。

 「放射状道路 海外」の画像検索結果

 

アラフォーの人、子供の頃、こういうのチョー売ってなかったか、地方で。BOOWYの下敷きとか。

f:id:ninjaid2000:20171118000457p:plain

ワシントンD.C. - Wikipedia

 

コレ、土地が共有ってこと?フランスの田舎のワイン畑なんか、あの集団農場的というか、海外で売るところまで国でフォローしている印象です。

コミューン - Wikipedia

日本市町村にあたるが、フランスには日本のような行政上の、町、の区別はない。地図上に「都市」も「村」も存在しない。人口80万人のマルセイユも、200人程度のカマンベールもコミューンである。そのため、通例、日本の自治体の規模と翻訳者の主観に合わせて「マルセイユ市」、「カマンベール村」のように恣意的に翻訳される。

enjoy.sso.biglobe.ne.jp

パリ改造 - Wikipedia

パリ改造は近代都市計画建築活動に大きな影響を与え、近代都市のモデルとして見なされた。

 しかし、この大規模な都市改造は都市としての防御力をなくしてしまうことになり、普仏戦争ではパリを防衛することが出来なくなり敗戦する原因となった。 スラムを一掃したことは下町の自治共同体を解体することにもなり、パリ市民は現代東京のように隣の住民の顔も知らないような住民ばかりになり、多くのコミュニティが破壊された。さらに、オノレ・ド・バルザックアレクサンドル・デュマ・ペールヴィクトル・ユーゴーらの文学者が作品において描写した当時のパリの街並みが失われたことから、これらの作品の内容を理解することが難しくなった[1]

 

 

ワーキングホリデーの外人を受け入れるところもあるし、逆に奴隷労働の報告なんかに乗っていたのも見たことがあります。どこもやっぱり、地域差がありそう、会社や店のブラック比率と同じです。

 

関係ないが、コレなんかは、ベトナム撤退の後始末ですよね?

アメリカン・ニューシネマ - Wikipedia

ニューシネマと言われる作品は、反体制的な人物(若者であることが多い)が体制に敢然と闘いを挑む、もしくは刹那的な出来事に情熱を傾けるなどするのだが、最後には体制側に圧殺されるか、あるいは個人の無力さを思い知らされ、幕を閉じるものが多い。つまりアンチ・ヒーロー、アンチ・ハッピーエンドが一連の作品の特徴と言えるのだが、それは上記のような鬱屈した世相を反映していると同時に、映画だけでなく小説や演劇の世界でも流行していたサルトルの提唱する実存主義を理論的な背景とした「不条理」が根底にあるとも言われる。

 

 

倒産する企業と同じで、戦場に出ていた人は負け戦なんか知ってた、

だから原爆が落ちたのも、もうそこで国体が。

かといって再編成が面倒臭いのもあり、代表者を処刑したあと、共犯的な人をあえて据えて作ったお仕置き政権が日本です。

そのくらいいっぱい、いっぱいだったので、世界は。

欧州同士の信頼構築も大変なのに、途上国のことなんか構ってる余裕がないだろう。

ninjaid2000.hatenadiary.com

途上国って多分、留学とかしても、あんまり全てのことは教えてもらえないんで。

それでも何も知らないより、行ってみたほうがマシとは思いますが、個人レベルでは。

留学で出世できるかどうかは怪しいが、国内がダルい人とか、コスパはいいです。

何の話だか分からなくて、すみません。