どうでもいい

言及先、リンク先と私には関係がありません。 結果的に関係が生じても責任を持ちませんが、そこまで影響力がないんで気にしないで下さい。

楽天ってアマゾンみたいになれると思いますか?

 

誰も応援していないので、コレって応援してみていいですか?

三木谷浩史会長兼社長「Amazonがぁ…楽天を倒そうとしてて(笑)大変ですわ(笑)」 ← ヤバくない?

楽天は以外と使いにくくはない、

サラ金・フォーマットの、黒の部分がないです。

あの貼って差し支えない画像が咄嗟にでないんで、

 ヤクザが作ってそうという印象を与えるデザインがこういうのです。

f:id:ninjaid2000:20171219223916p:plain

www.rakuten.co.jp

 

スーパーのチラシとか?

サラ金・フォーマット、とかいうと一斉に消えられてしまいそうです。

インターフェースを洗練させるのはラクなんですが、好みに応じて、入口、2つ作るとかですか?

 

アマゾンのインターフェースそのものは意外と使いにくいっていうか、10年くらい前から、やる気ないのかな、日本は儲からないのかな、っていう臭いはしていました。

グローバル企業は、商売の軸足移すのが早い。

ninjaid2000.hatenadiary.com

 

 

 

 

「アマゾンみたいなショッピングモール」って怖くないか。

f:id:ninjaid2000:20180817184527p:plain

ジャングル - Google 検索

f:id:ninjaid2000:20180817184646p:plain

ジャングル - Google 検索

元々、知的産業なことをアピールしていて、ショッピングはザルという企業名なのか。

「開けてみて作動しなかった場合、50%は戻ってくる」らしい。

アマゾンの返品無料って本当? - Google 検索

だけど実店舗で100均とかでかって動かなくても、自業自得って感じることがほとんど。

 

当時は日本の出版サイドでは、感想を書けるスペースってのが用意されてなくて、当時、ウェブ2.0とかで普及し始めた、ブログのアフィリエイトにも対応してなくて、ソレがBK1(書籍の通販)とかが衰退した理由ではないだろうか?

 

 

Amazon.com - Wikipedia

現在のところAmazonはレコメンデーションの実用レベルの最先端を走っているという見方が支配的であり、技術の向上にも余念が無い。個人の趣味嗜好、場合によっては思想信条、性的な関心といったきわめてクローズドな情報を収集する過程を含む。このためプライバシーの観点からの問題提起が出されることも多い。

 

レコメンデーションくらいは無視できる、チラシを捨てられる人なら、可能、

そういうのを視野に入れないみたいな技術はラクに身に付く。

そういう取捨選択は耳から入ってくる情報のほうが大変ですが、

世の中、人の話を聞かない技術を持ってる人のほうが多いのか。

 

楽天の店舗メールは、QRコード登録でくるスマホメール(2017年時点)ほどはウザくない。が、

嫌われるリスクを感じたのか、1年くらい利用してないと自然に消えます。

多分。

 

勘違いでなければ、アマゾンは客の情報とか、全部、アマゾンに入るようになってんでは?

店舗として出店するサイドは戸惑うかもしれないです。シロートさんはやりやすい、いちいち顧客管理とか、やりたくないから。

www.love-wife-life.com

転売の多いサイト - Google 検索

 

 

メルカリはまず出品しよう!がブックオフ並みですが、出品料の1割を強奪していく潔さ。自分は出品、面倒臭い、買うほうがラク

楽天もより大変そう(店一戸借りる感覚)


で、アマゾンに出品したことある人っていますか?

アマゾンって宅配業者とのトラブルが一時期有名でしたが、品集めのほうが逆に分からんです。
違う業者に注文しても、
一か所に集めてから送っていることがある=在庫管理の謎とか。

 

 

 

客にリーチしやすいと書いてあるが、探す側からすると一番探しにくいのがアマゾン、多過ぎるからか。型名特定とかしないといけないのか。

【Amazon出品サービス活用事例】なぜ手間をかけずに新規顧客を増やせるのか? バッグ専門店サカエ | ネットショップ担当者フォーラム特集 | Web担当者Forum

だから、アメリカとかでも「実店舗で品物特定して→ネットショップでより安く同じモノを買う」のが20年くらい前から(実店舗にとっての)迷惑行為だったらしい。

 

ジャンクを100円で買う客なんて、べつにウマくはない。

仮にウマい客情報てのがあったとして、出品者に行くのかどうか。

手元に届くブツの、配送元は書いてあることもあるし、ないこともあった。

 

ネットショッピングを使ったことある度合いでは、10人中7位くらいですみません。