どうでもいい

連絡先ninjaid2000あっとまーくgmail.com

ストーリー・ライティングと現実

現実が波乱なら、ネタがたくさんある状態です。

mangastory.jimdo.com

storyneta.com

 

現実サイキョー、なら現実逃避する必要はあんまりない。

私のライティングが上達しなかったのは、時間割を受験勉強と部活で埋められたからです。 

古賀史健 @fumiken

たくさんの質問をすること。質問する前に「自分だったら、こう答える」と仮の答えを考えておくこと(自分にも同じ質問をしておくこと)。そのふたつを心がけるだけで、ことばの感度は上がると思います。 https://peing.net/q/9cacd4db-aa14-422d-8819-70ca52feb4bb 

 

 

現実逃避レベル:

1:

図書館に行ってきて、身辺の勢力図でも書いて観察、どうすべきかをしばらく続けていれば、身辺の治安は上がるのではないだろうか。問題は、検索して解決、

公立のジャングルで、ボケ、カスは食い物にされるだけです。

 

現実逃避レベル:

2:

周囲に気兼ねする人に、非日常の文章は書けない。

思い切りのいいことを書くのは、切り替えが要るんで、ファンタジーとか書ける人は没頭が上手い、非現実にハマれる人なんだろう。

 

「なろう」とかを見て「似たようなものが書きたい」は、文章力はつくかもしれないが、応用が効かないのではないか。

魔法少女ラノベと、ビジネス文章の両方をかける人が、いるのだろうか。

秋元レベルに汚れないと、無理ではないだろうか。

tadeku.net

 

 

 

私は難しかったです。下手なことを言ってはいけないのではないか、という恐怖が内面化されてたし、自分が下手なのを見るのも嫌でした。

 

普通の人にとっての「日本語(怖い)」と「英語(気分がラク)」が真逆でした。

英語は外人だから間違って当たり前ジャンと思っていたので、ハードル全然無かったです。

先生に発音いいね、とか言われて、他の生徒に白い目で見られているか見られていないかすら、気が付いていなかったし、今も分からないが、もっと上手い人いるから、逆に中堅でまたラクでラクで。

 

現実逃避レベル:

3:

日常がクソで、書いている自分が美化される、みたいな、特定条件が要るんではないか。このブログです。 

サブ・カルチャーですか。

 

 

現実逃避レベル:

4:

現実逃避し過ぎている人には、市井の人の心が分からない、書こうとしていることの資料集めが、要ります。

渉猟したほうが確率は当たります。

 

逆に書籍で吸収してきた人が、全然知らないことを書いてたりするジャンルが、SFとか推理ですが、実力とコネがあれば、その専門ジャンルの人が、資料はくれるらしいです。

 

一発当ててもいないボケが、こんなこと書いてどうすねんとは思いますけど。

ninjaid2000.hatenablog.com