どうでもいい

連絡先ninjaid2000あっとまーくgmail.com

健康ゴールド免許って何?

 

年齢で一律に区分された医療の自己負担

(一律を問題視してるのか、してないのか?)

http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/reform/wg1/280915/shiryou3-2-3.pdf

 

医療リテラリーの高い人たちが病院を利用するのは、薬が安いからではなく、効くからです。ホーリスティック医学(免疫や心療内科)は効かないという実感を持っている人が多いですが、ピンポイントの対処療法、

www.matsukiyo.co.jp

 

例えばクロマイ軟膏って病院処方薬より全然、効かない気が。

強い炎症が出たときに、手におえないから病院へ行く。

で、素人が簡単に売れない、強い処方なんだろう、と思うんだけど。

 

例えば自分は民間の美容品を、ほぼ一切、使わない、効かないからです。

でも、メイクは塗るのが好きな人と、塗ると炎症、肌荒れが起きやすい人は、逆なので、叩かんでよし。

塗れる人は肌が丈夫なんだろう、ただメイクで肌荒れ→ケア、のループではあろうけど。

 

日本最大のコスメ・美容の総合サイト@cosme(アットコスメ)によう

http://www.cosme.net/

 

news.yahoo.co.jp

 

ブルーカラーは劣悪な労働条件におかれ疾病リスクが高いですが、一億総活躍社会とかいうスローガンで、老後はどうしても仕事がしたい人用になっているんで、

体にガタがきて自然死は、老人ホームで空しさを抱えたまま発狂したり介護職員を困らせたり、ってより全然、いい死に方ですよ。

仕事は、パアーッと遊ぶつもりでもない限り、唐突に止めてはいけない、少しずつやめろ、みたいな噂です。

やることが見つからないときの精神的な辛さの方が共感できるので、一億総活躍社会が虐待とかいう人は、仕事がキツかったのだろう。

 

所得の高い人は税金をたくさん払い、社会に貢献しているから、

その為の健康維持も自前でしてくれるし、そんな高い医療費を取らなくても、変に感じない。

 

昔のアメリカの、フードクーポンでタダのビック・マックとか、肉とレタスだけ食べて、パンのところ捨てれば肥満しなくて済むと思う。

このレベルの管理をどの程度、教えるか、私は教えて貰わないと困るというか、子供の頃から食べることが、大っ嫌い!だからあまり健康でもない。

 

食べない原因が、小食だったり、食欲がないだけなので、いいのか、気分が落ち込んでいるのか、食べられない品種なのか。

太る原因が、甘いものばかり暴飲暴食するのか、運動不足なのか、栄養不足なのか。

不健康な習慣を押し付けていた集団を訴えることは、可能かもしれない。昔、新歓コンパの一気飲みで学生が死んだとか。

 

医療の収益財源は「治験(臨床)」と「公費(保険)」 

今までの大変な病気(ガンの手術をするかどうか?など)は、コレまでの総受診者数を元にした、確率統計的にしか余命が判定できない(データベースは、世界で共有化している?)。

ソレが、当人の体質、摂取歴などのデータと結びつけば、精度は上がるかもしれない。

 

健康診断で、追跡調査をするのは治験だし、防止になるなら、黒字化が見込まれるだろうか。

あまり介入し過ぎると、「必ず子供を産める体を、作り上げなければならない」とか「同性愛者は治療しなくてはいけない」みたいなナチス、カルト的な集団が紛れ込んでくるかもしれない。

 

とくに代替医療の医師って、自分の流派のことしか知らないから、違う医師も紹介できます、くらいしないと、訴訟リスクがあると思う。

海外では診療所が放火されたりする事件もあります。

自分は代替医療は効かない、総合的に体調管理がベースで、少し何か飲んだくらいで直らない。

自分が膨大な支出をしたのは「学歴を含む資格商法」と「健康ハック」ですが、次の世代に、こういう情報の行き届かなさや、体質の違いみたいなのに基づく、金銭、労力、時間のロスは短縮されるだろう。

 

人体は「はあそうですか」「へいそうですか」みたいな工業製品みたいな簡単なつくりはしていないから。

president.jp

 

コレはなんかスゴイ、サイトです。戦争体験よりすごい?

www.donorsnet.jp