どうでもいい

言及先、リンク先と私には関係がありません。 結果的に関係が生じても責任を持ちませんが、そこまで影響力がないんで気にしないで下さい。

ロック、パンクとか好きな人って、声デカイ?

 

反体制ソングは、メロディがエモくないのであまり歌わない。

シャウトが入ったり、声量ないとかっこよくない、音痴の大音量の人にオススメです。

jp.vice.com

www.youtube.com

matome.naver.jp

 

楽器の音に負けるので、詳しくない、

作業のBGMはテクノっぽいの使ってるし。

声の小さい人は、どういう時に使う?

部長の説教が煩いときとか?

ロック、パンクとか好きな人、声デカイ説、多分、当たってない。

 

 

ナショナル・アイコンをつかった曲だと、 

Party rock anthem

このPVだと、リーマン・ショック後かな?

www.youtube.com

Born in the USA

www.youtube.com

lyrics.red-goose.com

Patry in the USA

はPOPSですが、どういうニュアンスかは知らん。

www.youtube.com

momotanz.blog.jp

 

コレは世界中からいろんな人種が集まって踊る覇権国アメリカだから、

欧州だったら、きっとこういう形のナショナル・アイコンは使いにくい、

だから有名なのは、クラブ観光文化とか、ユーロビジョンかな?

 

コレなんか、だいたいそう読み取れますが、24時間働けますかー、爆弾くらい手でうけろー、とノリが同じと言われたら、そういう捉え方も不可能ではなさそう、

togetter.com

一斉を風靡するには、炎上するスキとか、両義性がないとウケない。

 

風に吹かれて (ボブ・ディランの曲) - Wikipedia

 「この歌についちゃ、あまり言えることはないけど、ただ答えは風の中で吹かれているということだ。答えは本にも載ってないし、映画やテレビや討論会を見ても分からない。風の中にあるんだ、しかも風に吹かれちまっている。ヒップな奴らは「ここに答えがある」だの何だの言ってるが、俺は信用しねえ。俺にとっちゃ風にのっていて、しかも紙切れみたいに、いつかは地上に降りてこなきゃならない。でも、折角降りてきても、誰も拾って読もうとしないから、誰にも見られず理解されず、また飛んでいっちまう。世の中で一番の悪党は、間違っているものを見て、それが間違っていると頭でわかっていても、目を背けるやつだ。俺はまだ21歳だが、そういう大人が大勢いすぎることがわかっちまった。あんたら21歳以上の大人は、だいたい年長者だし、もっと頭がいいはずだろう。」

 

メタもやりすぎるとオノヨーコになるという説もあり、芸術と私生活は別、かもしれない。

matome.naver.jp

一度、見たい、聞きたいんだが、何、この検索結果?

ヨーコオノの作品ってどこで聞ける? - Google 検索

英語で入れてみたら、あった。

YOKO ONO ART - Google 検索

元々、資産家の上に、コレは飽きないね。

モテるのは分からないではない。

コレは、プロのおばあちゃんの浪曲とどう違うかは分からないが、見せ方の違いか。

私は演歌、浪曲は好きではない、コッチのほうがいい。

www.youtube.com

 

アーティストってプロ、アマ問わず、彼氏にしてはいけない職業の典型らしい。

ギャグ漫画に「バンドマン」ってカテゴリあるし。

3B職業は、相手に彼氏と思わせておいて違うってパタンが多発するらしい。

もちろん私はアーティストでもバンドマンでもない、ただのカラオケ研究家です。

gjewel.jp

3Bが貢ぐクンへの道な上に、5Bは「貧乏」とか「ブロガー」とか、ディスられ過ぎじゃないですか。まあ事実なんだろうけど。ブロガーはネタにされるから?たしかに自意識、あるかもしれない。

 

バンドあるある
バンドあるある研究会 若杉公徳
4845622270
・結成あるある:やりたいパートが大体同じで、あっという間に交渉決裂。
・バンドマンあるある:楽器を持ってタワレコに行く優越感。
・リハスタあるある:ツッコミたくなるほど、何時間も休憩スペースに居座る暇人がいる。
・バンドマンあるある:自慢のステージパスは、いやらしくならない程度に目立つところに貼る。
・ギタリストあるある:ギターを構える位置の高い人が、そのこだわりを話し出すと止まらない。
・楽器店あるある:さらりとテクを見せてからギターを渡してくる店員。
・解散あるある:方向性の違いとか言っといて、実は女性問題か金銭トラブル。
・バンドあるある:モチベーションが下がったときは、楽器を買って大志を抱く。
・バンドマンあるある:「関係者が来ている」というフレーズにめっぽう弱い。