どうでもいい

言及先、リンク先と私には関係がありません。 結果的に関係が生じても責任を持ちませんが、そこまで影響力がないんで気にしないで下さい。

虐待家庭に育った人は、他人の表情が分かるかどうか?

地続きの場所は、

敵意ないよ!

とか、

侵略してきたら殺すぞ!

みたいな意思表示が切実で、

ソレが海外の人の、大げさなボディランゲッジとか、表情のメリハリみたいです。

逆に歴史的経緯などで、そうでない民族もいます、多分。

ゴルゴ13 外務省 - Google 検索

f:id:ninjaid2000:20180222170828p:plain

ザ、無表情ですが、たびレジって何やねん、

コレとかどういう状況で出たセリフなんだろう。

「ゴルゴ13 外務省」の画像検索結果

そらそうよ、家じゃないからホテルなんだよ。喫茶店と同じで、違うけど。ネットカフェとか?

f:id:ninjaid2000:20180222170844p:plain

 

外務省から危険情報の来そうな危険地帯に、回線引いてくれるんだろうか。

そういう自分だって、何いうときも笑ってるので、無表情ていえばそうなのかも。

アルカイック・スマイルではない。

f:id:ninjaid2000:20180225152223p:plain

f:id:ninjaid2000:20180225152248p:plain

アルカイック・スマイル - Google 検索

 

 

真面目なときだけ真顔かなあ?

「虐待家庭に育った人は他人の表情が分かるかどうか?」でした。

子供の頃のわがままは、「認証欲」というより「注目してもらえないと死んでしまうから」という要素が大きい。反応がないのは生理的にも辛い。

 

ninjaid2000.hatenablog.com

 

当時、電車の中のサラリーマンが疲れているのを見て、心を引かれたのは、

自分も大分、疲れていたんだが、

ストレスの受けやすさはかなり生まれつきだから、

各人の能力に応じて、はマルクス本来の意味では正しいんだが、逆方向に悪利用されてんで、年次とか。

もう負け犬にコンテンツを担当させるのやめろ。

 

二重規範は人を狂気に追いやり、悲劇につながりやすい。

精神医学の教科書に書いてある例は、お母さんが子供へ、こっちへおいで、と口先でいいながら、ものすごく嫌そうな顔や態度をするとか。

「言葉」と「表情」で、階層が違うから、矛盾が分かりにくいんです。

こういう目にあった子供は感性を発達させる過程で、他人からの好意と悪意、愛情と憎悪の区別がつかず、認知能力が毀損されます。

 

心ないヨイショなんか鈍いオッサンにはバレないですが、子供はどうだろう。

自分がやられたときにコレは二重規範だ、と認識できれば、詐欺師や無能を見分けやすい。

 

 

感情の表出には才能がいる、恐らく。

が、鍛えれば簡単にできるとも思います。

反射神経とか、何に経験、本能的に喜怒哀楽を感じるかに、個人差があるに過ぎない。

 

 

就活は、いったん作った学校というユニットを解散して、仕切り直すんで、セクショナリズムですが、

問題はその、ガリバー業界の既得権益層((テレビの系列とか、ハウス・メーカーとか)と、田舎の負け犬カッペの極度な身内主義と、互いに縄張り争いをした挙句に、一般人が被害をこうむって、マヂ、ザイウーです。

 

結婚の基準は何か、子供を持つべきか、ブスが偉い派と、美人が偉い派のゲバに巻き込まれたり、大変です。どっちでもいんだよ、クソが。

 

  

ゲームについてる名目って、スポーツだったら体を鍛えらえれるとか、負けても叩かれない、 戦争だったら以下省略。

www.j-cast.com

 

ええ、ですけど、多分、近代戦と、スポーツが発祥した時期はだいたい同じ、

傭兵とか集めるの止めて、自発的な徴兵にしたことと、スポーツや集団行動は同じらしい。