どうでもいい

連絡先ninjaid2000あっとまーくgmail.com

病弱ハックの一例を羅列

病弱はあんまり生きる気力自体が無い場合も多いですが、体温が39度くらいあっても出社したり、自力で病院に行ける人は多いみたいです。 

【1】

急病なら病院に行くタクシーを呼ぶ為の電話、

救急車はタクシーにすら乗れない発作が起きていたり、死にかけた人用です。

保険を払っておいて、用途が病人搬送なら、安くなるサービスはありえないことはない。知らん。

keiei.freee.co.jp

shohgaisha.com

体の弱い子供の育児は非常に大変で、もし行政が生かしておく価値があると感じるなら、サポートは要るんで、コレは、既にカナリ見かけるサービスです。

 

 【1】

家で直せるレベルの風邪、不調など。

家で直せないのは、炎症やウイルスが、病院でないと処方できない薬や、治療が要る場合です。

 

1、その地方にあった一番寒いとき、悪寒がするとき用の布団の数と、それを収容するスペース

kakaku.com

高いんで、貧しかったら自分は中古でいい、フリマで蚤やカビが生えたんは売ってないだろう。

auctions.yahoo.co.jp

1、簡易、常備薬

A:ビタミンC(安いです)

B:風邪の症状の緩和剤(喉、咳、鼻水、筋肉痛、頭痛などが辛いときに飲む)

薬局で購入したほうが早いが、高いは高い。

楽天薬事法緩和で運動してたが、安いのかな?

search.rakuten.co.jp

1、ワンセットの栄養ドリンク

恐らく病院で売っている?点滴でも口径でも吸収できる、病人用の栄養ドリンクみたいなので、平均人の必要な栄養素が全て入っているのがあります。

www.koseikan.jp

www.peg.or.jp

吐き気による脱水症状はようしらん、水でなくポカリスエットとかか。

 

自分はタンパク質が無いと体調が悪化する、カロリーが取れない体質なので、魚の缶詰とか野菜みたいのが常食です。

缶詰は賞味期限スレスレのを安く貯め買いとかできるんですが、野菜は重くて買い行くのが難儀なので、定期的に送って貰える通販で契約したほうがいいかもしれないです。

 

vegetaro.net 

www.pal.or.jp

 

 

野菜と缶詰を圧力鍋に入れて10分くらいすると食べれます。

kakaku.com

料理が好きな人はいいんですが、病気で辛いときと、調理が苦手な人な便利です。

まあ食べたいもの、好きなものを食べるのが一番いいです。 

私は家人が健康でかつ、近親者の病気の人を何人か世話をしたことがあるので、医療リテラシーが高く世話になっていますが、他の人がこうも詳しいとは思えない。

 

病院でもらった、痛み止めや抗生物質は、余った分を取っておくと、次に発症したときに病院へ行かなくて済んでエコノミーです。

ヒルドイドや口内炎の薬など。

 

適温を保つ、寒気がするなら暖かくし、悪化させないこと。

発熱作用の少ない睡眠中に体を冷やすだけで、風邪を引く。

エアコンは20万くらいするようなんで、

4000円くらいのヒーターが1つ2つあると、座って作業するには便利です。

 

kakaku.com

用途は店員に聞いたほうがヨサゲ、私はオイル、火系のは事故が怖いんで使わない。

カーペット、電気毛布とか苦手ですが、好いてる人もいて、まあ体質によりそう。

 

部屋の広い人は、オイルヒーターとか大き目のもの、またはエアコンです。

部屋が広い人は資産家が多いですが、金がないなら狭い部屋で作業するほうが、燃費はかからない。

逆に台所が熱すぎるのは、扇風機とか沢山つけるとか。

 

空調が自分で決められない仕事などで冷えるなら、ヒートテックなど大量に着込み、カイロを沢山はるなど。

空調の変化に対応して、トイレなどで着替え、とりはずし可能なもの。

www.buzzfeed.com

 

検索して出た違う意見:

この人は体質的な病弱ではないと思う、病は気から、みたいなタイプだろう。

ameblo.jp

私は情報がないとストレスがすごいタイプで、留学中に本を読めないのが最もストレスでした。

体が今は食べてはいけない、食べねばならないと命令してくるのが分かるので、盛り受けはどうでもいいです。

 

有酸素運動が、出来る人は、筋力があるのかもしれない。

matome.naver.jp

自分は20代くらいでは1時間は歩くのが必須、40歳の今は30分くらい。

筋トレすると過労で寝込む。

でも全く運動しないのは無理で(だから何が不足していますよ、という命令をすぐに体が出してくるから、あまり無理が効かない)、

自分が病弱と気が付いた人は、通勤の仕事をあきらめて、在宅ワークを極めたほうがいいです。

 

病欠に甘い会社でない限り。

誤解されて遺憾ですが、出産、子育てはものすごい力仕事で、病弱にはまず無理です。

 

 

私が病弱で二子が生まれた時、ストレスで親が慢性病を患い、マヂ最悪でした。

祖父母がいたからまだマシで、こういうサポート環境では、体力が上位1割くらいしか子供は産めないです。

自分は大して幸福な人生を送っていないし、殺してくれてもよかったと思う。

また子供のうちなら体質が変化して、健康優良児みたいになる可能性も高い。

私は心身とも問題をかかえて、全く健康に育たなかったですけど。

 

過酷な環境で、生き残って感謝!アナタも頑張って!とか、ソレただの運ですから、偽善者ですよ、ブラック育児の連鎖が止まらない。

ソレはソレでプラシーボで効く人がいるなら、どうでもいんですけど。

 

 

病弱な人は同居人がいたほうがいいか?

寝込んでいるときは、すごく1人にしてほしいオーラが全員、出ます。

動物が1人で死ぬのに似ていて、もう他人に気を使う気力もないし、衰弱した姿とか見られたくないし、落ちつかないから近寄ってきてほしくない、外出中なら早く帰りたい状態です。

そういうのが平気な人でないと、病弱とは暮らせないはず。

辛いときは、気を使ったり喋るだけで、消耗します。

 

仮にそういう人がいるとしたら、同居でなく同じアパート辺りに住んでほしい。

か、そういう保険の業者と契約かな?

不意に体を壊したときに、相手方が、体の空いているいる可能性を考えると、私生活より、業者のほうが負担がないと思います。

 

って、こんなんありました。

www.youtube.com