どうでもいい

言及先、リンク先と私には関係がありません。 結果的に関係が生じても責任を持ちませんが、そこまで影響力がないんで気にしないで下さい。

上手な悪口のいいかたっていう記事

ややこしいブログを見つけてしまった、テヘッ

holysen.hatenablog.com

 

上の「遠くて安全な人」が、有名人の悪口だから、そんなの民間で勝手に、ガス抜きに使われてればよくないか。

週刊誌とかの公衆マッチポンプは要らない

ninjaid2000.hatenadiary.com

 

で、近接圏なら、伝わらない場合には言います。

ある人物の同じ欠点を、全員が嫌ってる場合とか。

そうでないケースでは、迂闊には言わなそう。

 

コレは、舌鋒鋭い人に味方をしてもらったら、敵が撃退できるという心理が浸透しているからではないか? 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

全く人の悪口を言わない人は、原体験があるのかもしれない、悪口なんか迂闊に言ったらお終い、みたいな。

温和でモテる人が他人の悪口を言わないのは、鶏と卵みたいな関係はありそう。

 

holysen.hatenablog.com

これは、精神分析で言えば「満足」(ラカン曰くは「享楽」)と「欲望」との対立に当たる。「欲望」は「欠如」と似ている。言わば「欠如を埋めたい」のが欲望である。そして、欠如を埋めた状態が「満足」である。精神分析の知見によれば、ヒステリーや強迫神経症のような「神経症」は、満足を遠ざけ、「欲望」を「欲望」のままにする戦略だという。

 

精神分析といえば、私の病歴で持っている誤診例というか、

ただ医療で誤診はすごく普通なんで、ソレと偶然は区別がつかない。

私はその医師と、ノウハウが直感的に互いに合わないと思って辞めているんで、特に問題はないです。

 

ただ「私にとって誤診だった」ことは知っていて、「彼らの診療が、どういうタイプに合わないか」は詳しいです。

ninjaid2000.hatenablog.com

www.youtube.com

煙に巻けばすべてがウヤムヤになる

塗りつぶしてよキャンバスを何度でもというJPOPが思い浮かんでしまった