どうでもいい

言及先、リンク先と私には関係がありません。 結果的に関係が生じても責任を持ちませんが、そこまで影響力がないんで気にしないで下さい。

文体解析は既に可能?(駄弁)

コレはファシズムの逆かもしれないいんですが、

他人のいうことに全く異議を唱えなかったり、本の感想書かないでためておくと、無意識がニーチェの怪物みたいに巨大化して危ないです。

訳語 When you gaze into the abyss, the abyss gazes into you

フリードリヒ・ニーチェ - Wikiquote

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

だから威圧的な環境とか、表現規制は危ないんです。

テクノロジーで、人売とかイジメ、しないでね。 

ninjaid2000.hatenablog.com

 

講義

VS

ポピュリズム、というか。

 

で、逆に何でも言いなさい、だと、ブログの自己目的化ってあって、ブログで金は稼げるか論争ってよくありました。

ブログの古い部分を掘り返して、消したほうがいいか、消さないほうがいいか、で迷っています。

achieve-dream.net

www.toriikengo.com

 

レベルの低い人だとSNS地獄ってのがあるんですが、

自分の小学生の頃にSNSがあったらそうだと思います、まだ何も技能がなかったら。

 

私はブログは熟達目的だと思いながらも、社会的に誰からも見られ得るという、緊張感を利用したかった。

過去と比べて今が自分の中では一番上手くかけた文章だから、ついあげてしまい、粉飾、みたいのに凝ってしまうことがあります。

主観は、どこまで行っても主観だから。

 

逆に1人でやっていても、煮詰まるは煮詰まると思います。

幼少期から絵が上手かったけど、小学生の頃、絵画の技法が分からんで、煮詰まった。

 

note.mu

 

自分が発信主体になるってことは、プロフェッショナルで、例えば大学教授なんかも先端研究をしながら、大学で専門知識を弟子に伝えたり、素人との橋渡しをして、バランス感覚を保っています。

 

天才だけど講義がヘタクソな人もいるし、学生に人気があるけど、論文がボチボチで助教授とか。

学生にアンケートとか取り始めたのは、論文より講義人気を重視し始めたからか。

知らないんですが、新書を書いてる人のほとんどは、教授か、何らかの職業人では?

 

「体験の深度」というか「何かを体系的に身に着ける」こと自体は、空論を振り回さないには大事かもしらん。

 

で、文体解析は既に可能?

AIでも人力でもありそうです。

既に教材として提供されている可能性。

OR

日本人の日本語力なんて、どうでもいいと思われて放置されている可能性。

 

news.livedoor.com

 

なら私は文体解析ができるんだろうか?

小学生、大学生、お年寄りとかに、

アナタは、こういうことに興味があり、文章を書くときはこういう視点なんですか。

ていう。JK語を聞いて回るのがオッサン・マーケティングか。

 

かなりの日本語の文章を読んできて、自分もいくつかのジャンルの執筆(アマチュア)を体験し、外国語の長文は読めないです。

また英語を聞いただけでニュアンスの判別が、日本人相手のときより、どの程度下がるかはわからん。

 

くだらんラノベを書いていて、当時から、コレはとても断片的情報をつなげただけで、読めたもんではないことは分かっていた。足りないモノは分かっていた。

 

ninjaid2000.hatenablog.com

が、ソレでもネット上へ上げてみることは、したかった。モノがモノなだけに、あまりに目に余るところだけ、順次、消して行っています。

 

そういう人が、日本だけでも100万人くらいはいるであろう、そんでプロはノウハウを持っています。

note.mu

 

論壇の死というか、日本語にこだわりと権威を持つ人たちが、方向性を誤っていた気がしないでもないです。

ninjaid2000.hatenablog.com

 

大衆相手の商売ってのも面倒くさいんだろう。誰に何を伝えたいか。 

冬幻社の人みたいなイメージで検索したら、シリアスなの出てきました、すごい。

note.mu

 

kagiroi.com

cakes.mu