どうでもいい

連絡先ninjaid2000あっとまーくgmail.com

落合陽一さんのテレビ戦略?

インターネットサービスって、あ、自分てこういうところが人と違うんだって分かりやすいです。

昔の集団教育は、何がなんだか分からなくて地獄だった。

ninjaid2000.hatenadiary.com

 

最近の洗練されたインターネットサービスは、私にとって、唯一神で、デジタルネイティブに似ているとこの年で詐称しても、違和感ないけど、ありますか、そうですか。

www.youtube.com

 

とりあえず、こうもAI(と仮に総称しよう)が洗練されてくると、人間の価値は下がるだろう、

私は自分が安いしとるにたらない、誰の気も引かないと思ってるから、動画をホイホイと上げています。

 

とくに日本は平均年齢が高い=平均能力が低い=使えない人が多い。

そういう人たちにつきあうより、AIとはりあったほうがいいと思うんです。

 

年配者は適当におだてて金だけ貰えばいい、一応資本主義だから、彼らが貯めた金は彼らのものだろう。

 

で、日本の昔のメディアがクソなことは仕方がない。

若い人のメディア叩きには、各人、理由は違っても、フォーマットがクソという共通点があったんだろう。

me too運動の1つ。

www.youtube.com

 

で、上のはただのクレームなんですが、このコメント欄に入れようと思っていた文章をコッチへ移しました。

 

落合信彦(知っている人しか知らない伝記上の人物?)の息子さんです。

落合信彦 - Google 検索

フィギュアスケイターでないほうの羽生結弦、AIアーティスト?

www.youtube.com

で、ココにAIとかで?家庭用のテレビ画面から視聴者の個体認識とかして、コメント欄をつけて辞書っぽくすれば、見ている人同士の趣味が合わなくても、押しつけがましく無くて、資料になるみたいに言ってました。

 

(引用)

日本、AIの親和性 ディープラーニング 落合陽一の英語 AIブームの終わり パテント 業界の慣習 国策
(引用終わり) 

 

音声認識」はどこもやってるか、「画像認識」はアイフォン、監視カメラ、グーグル画像検索、とか。

www.businessinsider.jp

jp.techcrunch.com

 

家電系のIoTって私は欲しいとは思わないんですが、パチってつけるほうが慣れてるし、他人に荒らされそう。

ソレがすでに老化してるんですか?

「つけろ」「つけるな」と「リモコンの取り合い」は、どっちが厄介か。

でも家事なら、忙しくて手が回らない人にはよさそう?専業主婦とか厨房とか。

 

あと音声認識って、外国語で検索したいときに、聞き取って貰えないのが不満です。

自分のアンドロイド、スマホ音声認識は、必ず日本語に変換されるんで、日本語フォーマットなんだと思う。そうでもないんですか、発音悪いんですか?

バイリンの人に聞いてみたい。

 

上の落合さんのテレビは、このくらい難しいハナシですか?

www.daj.jp

入ってきたプログラムか何かが、相手のパソコン上の画像を、認識して、入力欄に打ち込む、とか。

コレは「画像認識」と「画像認証」を間違えて検索しただけなんですが、

AIはヒトと違って、間違えに優しいんで、マヂで神。

 

 

で、家庭用のテレビって、やっぱり美学、音声的に、その人にどうしてもカンに触るとか、
ある一定の集団にしか都合のよくないドラマツルギーで作られているコンテンツとかを、
違う人同士で見るのは不可能な気がします。

落合さんは、クリエイターでセンスがいいから、大丈夫、
でも、ほとんどの家はそうではない。


例えば自分だったら、最近のYOUTUBEで中国語字幕が出るのがお気に入り。
他の言語でもいい、英語とかでもいいし。
私が欲しいのは、新しい視点、新しい知識、ですが、「ソレこそが嫌い」って人もいるんで、世の中。

 

外国映画の日本兵が猿とか、ギャグとして見れるレベルに昇華されていればまだマシ?どうせ海外の事だし。

だから一番相性が悪いのが、国内の微妙な同士。根本的には違う他人に、同じビジョンを共有しているはずだよな?という脅しが神経にこたえるのでやめて欲しい。

だから海外には、政治、人種ジョークが多いのかもしれない。

 

で結局、パブリックなメディアに求めてるのは、誰も不愉快にさせない、安くない芸術です。安いのは個人用メディアで見ればいいんで。

 

オリピックみたいなプロ・スポーツ、芸術とかはOKだと思う、興味の無い人はいるが、不愉快って人はいないと思う。

でもインタビューとか、変な人が仕切ると不愉快なんですよ、そこが、紅白歌合戦とかもイヤ、要らない要素を入れてて、でもとっつきにくとかいう人もいるしで。