震災は宗教って今更?

 

地鎮祭は宗教かって、高校の社会科レベルで出てくる有名な凡例あった。

地鎮祭 裁判 - Google 検索

 

先進国なので災害対策も発達しているから、

アメダスと同じように、

大した災害でなくても、大雨で小さな山崩れとか。

救助のシーンとかテレビでやるのは、

助けることができる力を持っている国家の力のアピールを一応狙っているのではとも。

f:id:ninjaid2000:20181118215934p:plain

山崩れの救助シーン - Google 検索

 

 

日本は自然災害が多くて、

一方、とくに火山帯とか地震多発地帯とは言われていない、

途上国の災害とかは、急激な乱開発の反動が多いのですか?

検索しても出てこなそうな情報ですが。

被災者のサイドから見たら、病人を救急車で運んだのと同じで、

ニュースで流す必然性は少ない。

 

 

昔の人が地獄に落ちるとか天国とかいって、聖典に書いたり、そういう絵をかいていたりしたのに相当するくらい影響力があって、

災害後は何をいっていいかわからないとか、当惑していた知識人とかも多かった。

知識人不信とかがおこり易かったかもしれない。

 

1、

鬱で心療内科へ行ったときに、バリの津波被害とか、

自分のせいではないことで、落ち込むのはおかしいといわれたことがある

1、

当時、放り込まれた閉鎖病棟で、

原発事故を誰も気にしていなくて驚愕したことがある

 

 

オウム真理教原発事故の二大対処不可能に見舞われた左派政権と違って、

狙ったとか狙ってないとかではなくても、

自民党は悪運が強いのかなあとも思ってしまう。

 

最近って災害が連続し過ぎて、そこまで頻繁に報道しなくなってきたのと、

広く知らせなくても、被災地への協力体制みたいのが整ってきてるのかもしれない。