母国語のYOUTUBEの速度ってタルくないですか?

母国語のYOUTUBEの速度ってタルくないですか?

真面目に聞いてると飽きるし、

聞き流しすると聞き逃す。

 

YOUTUBEを文字化するツールはない - Google 検索

捜したら、YOUTUBE画面下に翻訳ボタンあったけど、

スペース狭すぎて読めない。

スクロールしても、速読するには向かない話し方をしていた。

取材の文字おこしって意外と面倒なのか。

その場や脳内で再構成できるなら、そういう人のほうが向いてるかもしれない。

 

対話をそのまま収録したと書かれてる対談本って、

どうやって作ってあるのか不明です。

漫才みたいに、話しなれたコンビなのか。

 

対談は楽屋ノリで、

記者会見でインタビュアーとインタビュイーのどちらかが文句を言われることが多いのは仕様?

 

速度がタルイってことは他のことを考えながら見れるので、

メモを取りながら講座みたいに聞けばいいのかもしれないけど。

 

例えばテレビ番組のつくりなんか、

テレビに詳しい親が解説してあげると、信頼されると思う。

ははは。

聞かれもしないのに話し始めるのは、胡散臭いですが。

子供と話すのは異性と上手く話すくらい難しいので、

異性を落とすのが得意な人は、

子供に好かれるのも上手そうです。