すみま千円 rolling stones may gather no moss nor no hideyon

it is funny if you find somesthing funny here.最近、更新していません。大したことは書いてません。blog nothing to do with politics nor olympic games.

ノートが綺麗な人は勉強ができるみたいな俗説とか

プログラミングは動けば達成感につながるので、

学習の動機とか考えなくていい。

独習しやすいといわれる要因の1つかどうか。

 

自分が育った地域に、

絵の上手い子供は勉強ができるという俗説があったのですが。

例えば社会科とかで、

三権分立 - Google 検索

とかを、覚えるのは難しい。

 

日本では、立法・行政・司法(三権)は分立していなくて、癒着しているのではないか? - 浮動点から世界を見つめる

 

こういうのを、

「絵が丁寧に書ける人のほうがおぼえやすい?」といった感じ。

書き写すとか、見て覚えるとか。

 

一方、

よくやったことのない人は、

「料理なんか学がなくてもできる」といいますが、

洗濯の方法とか、

料理のレシピなど見るだけで大変そうです。

 

 

 

 

150g

 

1/2本

 

100g

 

大さじ1/2

 

(A)

 
 
 

小さじ1/2

料理・武蔵裕子 / 料理コーディネート・中島久枝 / 撮影・三浦康史

 

つくり方

 
 
  1. 豆腐はキッチンペーパーで包んでしばらくおき、水をきる。
  2. ゴーヤは縦半分に切り、種とわたを取って薄切りにし、塩少々(分量外)をふってしばらくおき、軽く水気を絞る。
  3. 豚肉は食べやすく切る。
  4. フライパンにごま油を熱して(3)を炒め、(2)も加えて炒め合わせる。
  5. (1)を小さくちぎりながら加えて(A)をよく混ぜて調味し、全体に大きく混ぜて火を止める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを何度、読んだら覚えられるか?

かなり難しいと思うだろう。

ただ一度、作ることができたら、

もう暗記しなくても済む。

世の中の一定数の知識や学校の勉強は、そういう要素があって、

自転車の乗り方みたいに。

台所に近寄れるかどうか、自転車を入手できるかどうか以外には、

できるできないの分岐点はない。

 

 

 

 

 

 

コロナと地代主義

人口が多すぎるのが、

タコ部屋っぽくて辛そう。 

相手が動物なら、

密度の高いケージに入れたら死にかけているとかが分かっても、

人も平気な距離には個人差があるらしい。

 

コロナ謹慎で、ストレスや虐待が増えたか?

などのニュースに思うのは、

やはり面積は金でしか買えないのか。

飲食店とか、

火災予防関係とかは厳しいけど、人数規制はとくになかった。人件費や地代が……ギリギリだからとか。 

 
都心のスラム化は、

雇用が多いから自然発生っぽいが、

スラムは平屋が多くタワマンなどに住めないから。
横に密度が狭くなる。

 

昔、不動産屋のほとんどは囮物件を出していて、

誰も入居しないから早く埋めたいだけの物件を紹介しているといわれていたこともあったが、1人暮らしとかに出る人が気を付けた方がいいのは、絶対に押しに負けてはいけないということですね。

 

 

田んぼの真ん中とか、

緑化指定地域とかなくても、
一軒家をポツンとは立てにくそうと思って、
山奥も素人には無理だろう。

猟銃会の人とかでも、

積極的に住むかどうか。


宿泊、研修施設みたいのも、

人がこないなら閉めるだろう。

アメリカ人が、山奥の過疎めのところに豪勢なログハウスとかを建てられるのは、

武装可能なことの恩恵か?


田舎移住ブームの先導者?イケダハヤトも

一応、集団で住んでいると思しき写真と、

人気を感じる、人手の入っている棚田などがあった。


なので、
密集している地域は防犯という噂も。

 

 

 

酒を飲めば絡まれない

 

昔からアルコールがなくならない理由の1つに

飲んでいれば絡まれにくいというのはあるのかも。

ピリピリしなくて済む。

 

例えば酒を飲んだオッサンやネエチャンの群れは、

判断力がなく怖くはない。

むしろ法律上、酒の飲めない未成年のほうを人々は怖がってきた。

 

からかいやイジメに一番いい対処法は無視ですが、
アル中、ヤク中は、それができます。

酩酊しているから気にならない。

相手にもそれが分かるから、

人は無駄に中毒者に絡まない。

 

つきまといは、
相手が逆切れして発狂してくれたり、

何らの利益を求めてイジったり失礼な態度をとっています。

未成年が飲酒禁止なのは忌むべきことで、
自殺するほどつらいことがあるなら、

酒を飲めといったほうが正しくないか。


酒やクスリなどの安易な手法以外でソレ
(圧力や法に触れない程度の嫌がらせを黙殺して、

自分の仕事を淡々と進めること)

ができて、

かつ他人に手法を説明できるなら、
一生、生活に困らないはずです。


体質的に合わず、

酩酊しない、
体調がおかしくなるだけという人は、
酒やクスリに頼れず、

精神疾患にかかる確率も高いかもしれない。

 

 

ソーシャルディスタンス継続してほしい

 

 

 

【1】

昔から、
机はソーシャルディスタンスに使われていた。


学校の机は、1人用で小さい為、
陣形を変えたり、
バリケードにしたりなど。

偉くなればなるほど、
椅子も大きくなって、
ソーシャルディスタンスは遠く持ってもらえるようです。

タコ部屋に詰め込まれているのは端的に、
あなたの命なんかどうでもいいんですよと思われています。

 

【1】
スポーツやデモなども、

健康で最低限の装備を持っている人のすることなので、

適切な距離の取れていることが多い。


【1】
また疲れているときや、
やらなくてはいけない仕事を抱えているとき、

人に近寄られすぎると落ち着かない。

そういうときにスペースがないと体調を崩しやすい。

 

【1】

例えば(元々、病気の人が入院していたりで、感染症の蔓延しやすい)病院が、
通路や医療器具、
ベットなどを自然と、
安全な距離を置くのに使えるのかも。

 

病床面積はかなり広く、
そこへ医療関係者の人件費を入れると、
入院費用は高いという。

 

ワクチン接種が、医療関係者が優先で、

場当たり的に飲食をしている人が死ぬのは優先度が低いのだろう。

アメリカとかだとマスクをしない人とかも多い為、ワクチン接種率はかなり高いらしいが、そういう人に限ってワクチン陰謀説を信じていたりしていることもあるらしい。

 

 

 

覚える順番って気にする?

 

外国人向けの英会話の本で、

初歩が日常会話で、

応用が働きに出れるってなってました。

3冊目、簡単な仕事で働きに出れる

4冊目、難しい仕事で働きに出れる

みたいな分け方

 

母国語の言語力の上がり方とも似ている、

子供の頃は働きに出れないから。

 

例えば、

72パタンで話せる - Google 検索

は各語学の入門にオススメのシリーズの1つだが、

例えば、これの日本語版があったら、

用をなすか?

 

大半の言語シリーズは、

欧州言語からアジアくらいまではカバーしていることが多い。

ニューエクスプレス 語学 - Google 検索

有名な語学本シリーズ - Google 検索

昔は東南アジアの学部とかなかったと思うけど。

東京外大だけかもしれないけど。

 

1、覚えているべき単語

1、覚えているべき文法

を級分けするのが、

教育年次制度、英検、SKや日本語検定など。

 

正式文法の流暢さ?を図るTOEICなどは、

「ランダムに、どれだけキャッチアップできるか」で、

「覚える順番」(ここまでは出て、ここまでは出ない)とう形式でない。

読めていたり、聞き取れている確率が高ければ、高得点が出やすい。

 

校則反対の心理って

 

中学で上級生が登校してきた下級生を一発殴るなどの謎ルールが流行っていたことのある40歳くらいの人が(そういうことはわりとありそう)

「校則は決まってるから守りやすい」

「ネズミ捕りよりは悪質でない」と言ってて、

校則を守るのはラク


でも

(幼稚園に自力でたどり着けないから、

幼稚園バスにのるみたいな)

大した理由もないのに、
行動を制約されるのは不安を感じる人も多そう。

 

自分たちの将来も意味の分からない理由に左右されるのでないかとか。

いった不信感とか。

学校側の人が、

「そうすると、どうせスカートをどこまで短くできるかとか流行ったりして、

パンツから下着出したりして、

全員アホだから面倒だろ?」
「誰が誰の服を真似したとか、つまらんことで揉めるだろう」

などと理論で返せればいいのかもしれない。

それで納得されるなら。
廃止したときにおこりえるトラブルを事前に共有できるなら。

 

 

学校側?は、
「生徒はただ反抗したいだけ、荒したいだけ」
と受け取っていることも多そうです。

制度不信を反抗期の一言で片づけていそう?

 

若い頃の不安行動は、

周囲を信頼できないとか、

錯覚とか、
要素が多すぎて、
一概に言えないが、

義務教育時代に、
ここにいてもまともな未来が見えないと思う人は少なくないと思います。

 

内心、学校辞めたいなと思っていた人が、

「私たちの未来も好きなように染めるつもりなのでしょうから、

不信、不安の為、止めさせていただきます」

ともいえないことはない。

「こういう不信感のつのる団体へ参加しなくてもよいと思っています、荒すつもりではありません」
といえるなら、
無視されるかもしれないが、
反抗期や荒すつもりみたいな誤解はされないかもです。

 

 

子供の性別の区別って要る?

 

アイコンを選ぶ時に迷う程度の大した話ではないのですが、

 

いらすとや


男性と女性の違いは少ない絵柄ですが、

子供のイラストを探すときに迷ってしまいます。

 

髪の毛が長い子のいるイラストを選ぶと、保守系だと思われる?
それとも、
髪の毛が長い子がいないイラストを選ぶと、男の子ばかり注目していて保守系だと思われる?
など。


以前、
男女平等を心がけているという外国の授業に出てきたのは、
女児が全員、髪の毛を伸ばしていて、
男児が全員、髪の毛を伸ばしていない園児でしたが、

日本の園児も、外から見ればいつも通学中や外で遊んでいるときに帽子をかぶっているので、外見は同じです。

 

髪型にかける手間が、かかる手間の違いか?

警備費用とか。

 

子供のうちは、
全く区別がつかないからなのか。
一応はついてほしいのか。

男らしさや女らしさを押し付けられる必要はないとはいえ。

「アイツ、
男かなあ?女かなあ?
パンツめくりでもしようぜ」みたいになるのが子供だから?

 

「内装や張ってあるポスターが違う」ということに気が付いてから、

人のいないときに異性のほうのトイレに入るのが本日の発見、

なんですけど。

それも自分が性別が分からない格好をしていて、

あまり人がいないときにしています。

 

トランスジェンダーを自覚した女児との会話が、「トイレどうすんの?」「水曜日までは男子トイレで、木曜日からは女子トイレで……」という英語のインタビューであって、その子は、男の子っぽい話し方をしていたので、「性別らしさ」は、やはり子供の頃は周囲の模倣とかであるんだろうか。

 

そういうトイレの使い方をすれば、他の子供に、えーズルイーとか言われそうと思ったんだが、
そうすると、みんな使い始めて、

結局、区別がなくなるんでないかなあ?と思ったんですが、

それか途中で飽きて、元のトイレでいいってなるとか。

 

銭湯の謎ではないが、

トイレは男女別である必要がないか?

乳幼児のおむつかえとか授乳スペースとかは、女性トイレにあることと、障碍者用トイレに併設されていることの両方があります。

別途、用意してあることもなくはない。

昔の室内トイレとかを建て替えるのが大変だから。なだけかも。