通貨の根拠っていう古いテーマとか★

欧州連合設立の名目

は「炭鉱や鉄鉱石の領土をめぐって争わない為」とかありますが、

通貨を共通にすれば、

一国だけ金融恐慌に陥って、

戦争になだれ込まないとか。

 

ドルとか、流通量の大きすぎる金の流れは事実上、可能なのかなあと思ってしまいます。

それでアメリカはFRB(連邦準備制度)とか、各種システムが発達しているのかもで。

また、その貨幣流通制度の複雑さと、IT技術の発展が関連しているのかと思ってしまう。

地球シュミレーターとか、宇宙コンピューターとかそういうの。

スパコンは、大きすぎて計算とかできそうもないものが計算できると当時は思われていました。

 

ビットコインの仕組み - Google 検索

中央銀行→ビットイコン管理者、みたいにしたのが、

金盾工程 - Google 検索

とか?
中国は庶民がお金2.0みたいに、IT企業の作った電子マネーで、

大きなお金だと、銀行が勝手に信用創造してるとか。

中国のインターネット政策 - Google 検索

  

通貨や株価の根拠は、

信頼ですが、多分。

連日の株ニュースで「そういうことで株とか落ちるんですか、

何で?」と思うことが多くても、

忙しいので日々が過ぎていきます。

 

 

通貨や電子マネーは、何が担保なのか。

利用者が多いから安泰そうとか。

いい技術者が多いから安全とか。

電子マネーとは何か - Google 検索


教えて!にちぎん
電子マネー」とは、一般に、利用する前にチャージを行うプリペイド方式の電子的な決済手段を指します。

(引用終わり)

 

以前、日本に出現した個人通貨?

VALU

はビックデータ型と、投機型の融合系かな?

日頃から、有名人や一般人が、

信頼を作ったり失ったりしているのを、

SNSでテクニカルにしたとか。

 

 

貨幣は先に流通させるもの?

労働とかの対価にですが。

投資のチャージは情報かなあとも。

 

インターネットIDなどでも、情報を渡せば情報が返ってくるが(その閲覧者が好きそうな記事の傾向みたいなアルゴリズムで)、

その情報がお金に換算できる確率みたいのはあるかどうか。

例えばテストの結果でそれができるなら、無駄な学費は要らないとか。

 

国民国家の通貨は、メディアで流れるデータと関連はしてたかもしれない。 

人口比GDPが大きすぎる通貨大国の日本なら、

明治から平成の終わりまで。 

 

当時、他の国はマスコミとかそんなに発達してなくて、

日本ほど

均質化 - Google 検索

されてない?

例えば言語が

ハイコンテクスト - Google 検索

ではないとか?

英語と中国語の文法は激似

 

 

東アジアの話題の中心は表向き、コリアでは?

派手だから。はいはい。

無視しろっていう説もありますか。

 

西洋でいう激動が20世紀後半にあった東アジアで、

よくわからないことは、

年代が違うと、

コトバとか下手に通じない方が楽と思っている人が多いかどうかとか。

メディアが 流行語にこだわるのは、

上みたいな問題意識とか?

 

★ハンシずれてるかもね、タイトルとwwwただこれタグ次第なのでは? でも検閲とかあるわけですよ 表向きはそうだけど、 あとは隠語で混乱するのを防いだりするんじゃあないのかね? グーグルにしかリンクはらないし、フェイクニュウースという リスクも世界的に有名になりましたし・・・